涼宮ハルヒの溜息 | 今日もだらだら、読書日記。

涼宮ハルヒの溜息

オンライン書店ビーケーワン:涼宮ハルヒの溜息
オンライン書店ビーケーワン:涼宮ハルヒの溜息
涼宮ハルヒの溜息

発売:2003.10
発行:角川書店
[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ
文化祭に向けてハルヒ達SOS団ご一行が映画を作るという話。
色々SFらしいトンでる部分はあるけど、基本的には普通に高校生らしい話。特に何かの機会に映画を作ることになって後先考えず「ここはCG加工するから大丈夫!」とかとりあえずクライマックスシーンだけやってみる的な部分は本当に文化祭の高校生が犯してそうな過ちっぽくて良い。
あとラストのオチが好きです。「コロンブスの卵」的な解決法で上手いなあ、と思います。

しかし中盤の映画撮影シーンがちょっとしつこいというか冗長気味なのと、内容的に仕方ないのは判るんだけど「朝比奈みくるタンの萌え萌えシーンが満載!」でみくる好きじゃないと正直厳しいのと、それ以上に主人公の朝比奈賛美がうざいのはなんとかならないですか。

キョンの朝比奈信者っぷりについてはちょっとこの巻で話になっていたけど今後の話の複線になったりするのでしょうか。

コメント

  1. 涼宮ハルヒの溜息/谷川流

    ハルヒの初期の巻は長いこと店頭で品切れ状態となっていて、amazonでも品切れをいいことに中古本を定価の倍の価格で出品している不良業者が跋扈していましたが、先月重版が出たおかげでようやく通常の状態に戻りました&入手できました。 二巻は全編を通してSOS団プレゼ..