涼宮ハルヒの動揺 | 今日もだらだら、読書日記。

涼宮ハルヒの動揺

オンライン書店ビーケーワン:涼宮ハルヒの動揺
オンライン書店ビーケーワン:涼宮ハルヒの動揺
涼宮ハルヒの動揺

発売:2005.4
発行:角川書店
[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ
文化祭、雪山などのこぼれネタを中心に5編からなる短編集。

「ライヴアライヴ」のハルヒがとにかく好印象。
ただ我侭で自己中で猛烈な女だけではない、ひたむきで前向きなハルヒの姿が非常に可愛いです。影の薄いヒロインだけど、この作品の女性キャラの中ではこの上なくヒロインらしい女の子だと思うんだけどなあ。
やはり3人の中では長門が一番好きなんだけど、「ヒロインとしてのハルヒ」をもっと見たい。

「ライヴアライヴ」のハルヒ、
「ヒトメボレLOVER」の長門、
「朝比奈みくるの憂鬱」の朝比奈さんとヒロインの見せ場が多い一冊です。
「猫はどこに行った?」で古泉の珍しい姿が見られることも含め、
各キャラに焦点の当たった1冊といえるかも。

特に「ヒトメボレLOVER」ラストの長門の呟きには激しく萌えた。

「朝比奈ミクルの冒険」は賛否両論ありそうな話だったけど、
ギャグ短編としては上質だと思う。久しぶりに声出して笑いながら読みました。
全く脈絡の無い、ツッコミどころ満載のストーリーと各所に入るキョンのツッコミが笑える。

しかし「猫はどこに行った?」の緊張感の無さはなんとかならないかなあ…既にネタと判っている寸劇とはいえ各キャラクターに緊張感がなさ過ぎる。トリックも夏と比べて全然稚拙だし、謎を解くシーンもハルヒと鶴屋さんが勝手にどんどん解決してしまってキョン含め読者全くのおいてきぼり。出来レースとはいえもう少し犯人を追い詰める緊張感とか謎が少しずつ解けていく爽快感が欲しかったなあ。

コメント

  1. 涼宮ハルヒの動揺

    随所で大絶賛盛り上がり中のハルヒ、とりあえず読んでみた。 初ハルヒなので複線とか張られていてもよくわかんねえぞと思いつつ読んだ所、幸い短編集形式の巻だったのでわりとすんなり入れた。 学園祭ネタ、自主制作映画ネタ、長門に恋した男ネタなどなどジャンルも毛色も..

  2. 【Amazon】涼宮ハルヒの動揺【アマゾン】

    涼宮ハルヒの動揺谷川 流 いとう のいぢ 角川書店 2005-03-31売り上げランキング : 47Amazonで詳しく見るby G-Tools
    幻にしておきたかった自主映画だとか突然のヒトメボレ告白、雪山で上演された古泉渾身の推理劇や朝比奈さ