魍魎の都 姫様、出番ですよ | 今日もだらだら、読書日記。

魍魎の都 姫様、出番ですよ

[著]本宮 ことは [絵]堤 利一郎

歌人・清原元輔の末娘である諾子は父と共に、時の権力者である藤原兼家の家で催される「宵庚申」の宴に招待される。気が乗らないながら宴に参加した諾子だが、彼女の事を田舎者と馬鹿にした相手の女性が突然亡くなってしまう。犯人として濡れ衣を着せられそうになった諾子は自ら事件解決のため捜査に乗り出すが!?
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
久しぶりにコテコテの平安モノなラブコメが読みたくなってうずうずしていたら「bookslines.net」さんの物凄く楽しそうな感想が目に入って衝動的に購入。「十二国記」は友人に借りたし、中学時代はティーンズハートしか読まなかったのでホワイトハート(X文庫)は初体験だったりします。

うわぁ?やばいヤバイたのしい面白い!!魅力的なキャラクター達といい、時代背景といい、ピッタリすぎるほどにツボポイント直撃でした。元々、十二単とか狩衣とか藤原氏とか陰陽師とか安部晴明とか源頼光&頼光四天王あたりはもう、名前が出ただけでも無条件でときめくポイントなので、とにかく時代背景だけでもニヤニヤが止まらなかったりするのですが!!

そして、ヒロインである諾子の破天荒でお転婆な行動がめちゃくちゃ可愛い。勉学が大好きで学の高い自分に自信と誇りは持っているけど、自分が美人ではない事や男と違って大学に行けないこと、鄙つ女(田舎者)であることに物凄いコンプレックスを持っていて、その為ますます虚勢を張ってしまう姿がとにかくなんだか可愛く思えてしまうんですよね。そして彼女とまるで正反対で文官一族に生まれたのに武術が好きという粗忽者・橘則光との初々しいコンビの姿がひたすら微笑ましい。ツンデレ全開のお姫様の姿に始終萌え萌えさせてもらいました。

この他、気障で典型的な権力者の息子という趣きの道長様や、とにかく個性豊かすぎる頼光四天王など、個性豊かなキャラクターがとにかく素敵。ミステリー仕立ての本編も凄く面白いし、諾子の正体があの才女ということは?…って考え始めると続きにどういう展開が待っているのか楽しみでなりません。個人的にはもう一人の才女さんとの対決も描いてほしいなあ。とにかく、続編が楽しみすぎる1冊でした。

余談ですが「頼光四天王」というと、今まで読んだ作品の影響で物凄く「悪役」イメージだったので彼らが一応味方な設定(今後裏切らないとは限らないけど)というだけでかなり新鮮で胸がときめいたりします。いや、頼光四天王の存在を知ったのが夢来鳥ねむの「緋翔伝」だったりするので、物凄く悪役なイメージなんだ…(「緋翔伝」はかなり神漫画なので、絶版でさえなければ全力で布教したい作品の1つなんですが…)。

番外編では橘則光と四天王がメインと聞いたので、切実に読まなければと思いました。四天王いいよ四天王。