とある飛空士への追憶 | 今日もだらだら、読書日記。

とある飛空士への追憶

[著]犬村 小六 [絵]森沢 晴行

戦争状態にある帝政天ツ上とレヴァーム皇国。敵地の中に取り残されたレヴァーム皇国領の離れ小島サン・マルティリアで傭兵として飛行士をしている狩野シャルルは操縦の腕を見込まれ、とある使命を授かる事に。それはサン・マルティリアからレヴァーム皇国までの一万二千キロを、次期皇妃を乗せて単機敵中翔破せよという無茶苦茶なものだった…!様々な葛藤はあったものの、思うところもあってその任務を引き受けたシャルルだが…
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
ラノベ感想サイト関係に絶賛の嵐を巻き起こしたのみならず、最早ラノベじゃないよな某大手マンガレビューサイトさんまで絶賛な一作。絶世の美貌を持つが人形のような次期皇妃と戦争中の二つの国家の血を引いてしまったがために差別的な扱いを受けている飛行士の二人が織り成す恋と空の物語です。(決して「と」を抜いてはいけません!)

…うーむ、前評判から色々と期待しすぎたのか、手放しで絶賛するほど面白いとは思えなかったかも。シャルルとファナの甘酸っぱい恋物語としては非常に面白かったのですが、そちらがストレートに楽しい分世界観設定や空中でのドッグファイトの描写がちょっと重く感じてしまって、イマイチのめり込めない部分がありました。これは完璧に自分の感覚の問題だと思うのですが、時々どうしようもなく、戦闘描写が楽しめない作品があるんです…。というか、こういう戦闘描写は、この種の「男性的」な感覚を持ち合わせてないときついんじゃないかと思う。オラ、飛行機がどんなに張り切ってアクロバティックしようがミサイルぶっぱなそうが、至近距離のドッグファイトやらかそうがちっとも胸が熱くならないんだ……

ただ、シャルルとファナの甘酸っぱいやりとりはとても良かった。朝のドキドキハプニングとかピントのズレたやりとりから始まって、少しずつ二人が心を通わせていく過程が見ていてとても微笑ましい。束縛されるばかりの毎日のお陰で感情を切り離す事を覚えてしまったファナが少しずつ生き生きとしてくる姿に嬉しくなったり、だんだんお互いに恋心を覚えていく姿にニヤニヤしたり。そして少しずつ近づいてくる別れを今までの経験から自覚しているシャルルと、なんとかなるだろうと楽観的なファナの感覚の違いがどうしようもなく哀しく思えたり。

一万二千キロの旅路を乗り越えて、大きな成長を遂げたファナがとてもかっこいい、クライマックスでのやり取りも良かったけど、何よりも後日談となる「終章」が好きです。二人のその後を敢えて描かず、後を濁した終わり方なのですがその終わり方をこんなに美しく感じられるとは。序盤中盤ちょっと辛いなあと感じる部分もあったのですが、この終わりを見るためだけに読んでも悔いはなかったなあと思える、綺麗な終わり方でした。

コメント

  1. メテオ より:

    私はこの作品は楽しめましたね?。
    ラノベじゃないとは思わないけど。。。
    半分はファナとシャルルの淡い恋のお話なのでラノベ以外の何物でもないですけどね。
    終わり方もシャルルは気になるけど悪くないと思いました。

  2. うらら より:

    いえ、私も一応楽しんで読んでたんですけどねー…。
    読む前に聞いた周囲の評判が猛烈に高かったので、自分の中で物凄いハードルが高くなっていたということはあると思います。
    あとはあくまで私自身の好き嫌いの問題ですね。

    あ、あと余談ですが「ラノベじゃない」という形容詞は後半の「某大手マンガレビューサイトさん」にかかっております。いつもチェックしているマンガ専門レビューサイトさんが、初めて取り上げたライトノベルがこれだったので、猛烈に印象に残っていたのです。もし「この作品がラノベっぽくない」とうけとられておりましたら判りづらい書き方で申し訳ありませんでした。

  3. 街角 より:

    初めまして。

    僕は好きな作品ですね(@_@)

    とりあえず、シャルルとファナのこれからの進展よりも、シャルルに幸せになって欲しいと思う作品でした。

  4. うらら より:

    いらっしゃいませ、コメントありがとうございますー。

    描かれていない「シャルルのその後」については色々考えてしまいますね。
    良い余韻のあるラストだったと思いますが、シャルルには少しでも幸せになってほしいです。

  5. より:

    初めまして

    うららさんのブログを発見して、かなり読書層がかぶってたので過去まで遡って読み込んでしまいました。

    特にこの本の感想は全く同じでおおぅ!となってしまいました。主人公達のやりとりや設定なんかは凄く熱いものが込み上げて来て、ラストの重厚な感じやたなびくような余韻はとても好印象な素敵な作品でしたが、作品の大半を占める戦闘シーンは感情移入、というと変かも知れませんが、楽しむ処までは行きませんでした。
    私が女性な事と、そういった知識が足りないことも原因だったのでしょうが専門知識前提な処がちらほらとあって、そういう処は少し読者に不親切な作品のように感じました(それでも本筋のストーリーはとても素敵な小説でしたけど)。

    どの感想サイトでも褒めちぎる感じだったので、私の読解力が…と何度も読み返しましたが、最後の戦闘以外はやっぱり、といったで感じでした。


    色々と周りの評判とかもありますが、これからもうららさんの感性で感じるままにブログを続けてくださるとまたこのブログの感想を読みたい者としては嬉しいです。


    長くなってしまいました、失礼します。

  6. うらら より:

    月さんはじめまして、コメントありがとうございます。
    お返事が遅くなりまして申し訳ありません^^;

    「とある飛空士の追憶」、私の周囲では結構好き嫌い分かれる感じでした。話を聞いてみるとやはり戦闘シーンやキャラクター描写のあたりで疑問を感じた人が多いようで、全体的に女性の方が辛口の意見…ということが多かったですね。ちなみに続編となる「とある飛空士の恋歌」は面白かったですよー。戦闘描写なども殆どなく、「追憶」からかなり雰囲気変わっているので、もし未読でしたら是非。

    毎回勢いのままに感想書いてるので時々アレな文章もありますが、そういっていただけると心強いです。これからも自分のペースで感想を書いていきますので、よかったらまた見てやってくださいませ。

  7. 犬村小六「とある飛空士への追憶」



    とある飛空士への追憶

    「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。次期...