吉永さん家のガーゴイル | 今日もだらだら、読書日記。

吉永さん家のガーゴイル

[著]田口 仙年堂 [絵]日向 悠二

商店街の残り物ばかりを集めた福引で、アンティーク店の提供する3等賞を当てた吉永双葉。当たったのは犬の石像っぽく見える自称“門番”だった!?ゲームで見たモンスターの名前から「ガーゴイル」と名づけたソレのやたらと偉そうな態度に始めは反発していた双葉だけど、だんだん吉永家の一員として馴染んでいって…
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
今月最終巻が出るよ!というときに今更手を付けてみたよ!不思議生物のガーゴイルこと「ガーくん」とちょっと変わったフツーの人々が繰り広げる下町人情系ホームコメディ。

なんかもう、頭を空っぽにしてのんびり読める作品の雰囲気が良いですね。最近小難しい作風のラノベが増えましたが、これは正しい意味で“ライト”ノベルでした。ガーくん回りは色々と不思議的な設定がありそうだけど、基本的にはご町内の中で収まってしまう物語の「小ささ」が逆に心地良いというか、そんな不思議設定が違和感無く馴染んでしまう「狭い」ご近所の懐の「広さ」が素敵でした。

色々と常識の規格外な存在であるガーくんが、紆余曲折ありながら少しずつ吉永家及びご町内の皆さんと仲良くなっていく姿に、自然に頬が緩んでしまう。最初ガーくんに勘違いされて追い払われて怖がってた新聞配達のお兄さんが、物語の後半ではガーくんに朝刊の内容を解説してあげてたりするの。一方ガーくんも最初は吉永家だけを機械的に護る事を考えていたのに、いつのまにか町内の正義の味方的な存在になっていく。もーなんか、ほんと読んでいてほのぼのしてしまうお話でした。なんていうか、読み終わったとき暖かい気持ちになれましたね。癒し系というか和み系。

気になる点というと、双葉と和巳の性別が中身と逆転しているのにイマイチ違和感感じたくらいかなぁ。喋り方もグラフィックもまんま女の子な和巳は普通に姉でよかったんじゃないかとか…基本的にまっすぐストレートなつくりの物語なのにそんなところだけ奇をてらわなくてもいいのになあ…とか思ってしまいました。男勝りな妹の方は中盤くらいで慣れたので、今回は兄貴が基本的に空気だったからそう思っただけかもしれないけど。性別不詳キャラスキーとしては、2巻以降のお兄ちゃんの活躍のこっそり期待。

コメント

  1. くら より:

    初めまして、いつも感想楽しみにしてます。まさかこのサイ
    トでガーゴイルの書評が見れるとは、自分はこの作者の作品
    が大好きなので嬉しいです。うららさんも言ったようにほの
    ぼのとした雰囲気がとても魅力で最後には毎回暖かい気持ち
    にしてくれる良作です…ってまんま同じ事を言っただけです
    ね^^;あとこの作者のもう一つの作品のコッペとBB団も同
    じくほのぼのと暖かな気持ちにさせてくれる作品です。なに
    よりコッペちゃんが可愛い!でも3巻で終わってしまったん
    ですよね、残念。

  2. うらら より:

    くらさんいらっしゃいませ、コメントありがとうございます!
    ガーゴイルはちょっと巻数が多くなってしまっているのが敷居が高くて、気になってはいたものの読めないで居たのですが色々後押しがあって漸く手をつけることが出来ました。この和める感が本当に素敵ですね!
    「コッペとBB団」の方も機会があれば読んでみたいと思いますー。