紅 | 今日もだらだら、読書日記。

 

揉め事処理屋を営む高校生・紅真九郎の元に、世界屈指の大財閥「九鳳院家」のご令嬢・紫の護衛の依頼が舞い込む。詳しい事情も知らされないまま依頼を引き受け、ワガママお嬢様な紫に振り回されながらもそこそこ平穏な毎日を過ごしていたが…

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

アニメ終わったけど今頃手を出してみたよな「紅」のシリーズ1冊目。

ちょっぴりワガママだけど「大財閥のお嬢様」としての高貴さを併せ持つ紫のキャラが素敵でした。自分が間違っていると思った事は絶対に譲らないけど、自分が間違ったことをしたと思ったらその過ちを認めることが出来るという姿が、小学生の女の子に使う言葉としてはちょっとヘンかもしれないけどすごくかっこいい。銭湯での真九郎とのやりとりがすごく好きだったりします。一方、真九郎は後半ヘタレてしまう部分が多いせいもあるけど、短編ネタの多い漫画版の方がかっこよかったかも。しかし、真九郎がだんだん紫に感化されて変わっていく姿には、思わずニヤニヤさせられてしまうものが…。

しかし、話と設定はドツボなのに、イマイチツボにこなかったのは漫画版がほぼ忠実に同じところなぞってるからかも…もともと文字が詰まってる本は得意ではないので(これだけ本読んでてそれか…!)漫画版がすでにやってしまっている部分はちょっと読んでいてつらい部分があったり。丁度そのへん、日常生活の部分だったというのもあるかもしれませんが。

でも、紫と大財閥にして“表の御三家”の一・九鳳院家の秘密が明かされてからはもう一気に物語りに引き込まれて、最後まで一気読み。真九郎がボロボロになりながらも紫を救うために奮闘し、ずっと長いものには巻かれろで愛想笑いばかり浮かべてきた彼が強大な権力を持つ九鳳院家当主と本気でやりあう場面には胸が熱くなりました。

しかし、続きを読むかどうかは色々と悩みどころ。「醜悪祭」の悲劇はいろいろな意味で記憶に新しいので、そんなに酷いことになるなら綺麗に終わったところで読むのをやめてしまうのもありかなあ…と思ってしまったり。といいつつ、2巻のあらすじがとても気になる私が居たりするので予定は未定ですが!

それにしても、漫画版の真九郎はマジでかっこいいです。きゅんきゅんします。3巻楽しみ。

コメント

  1. 初心者 より:

    >「醜悪祭」の悲劇はいろいろな意味で記憶に新しいので、

    「醜悪祭」がでたときは、(すっっっごく薄っぺらいけど)アニメ化効果ヤッホー☆ だったのが「ファンBOOK」が出る頃には……
    アニメも日常編が良すぎただけに後半のグダグダっぷりに何でアニメ化しちゃったんだろー状態に
     とはいえ、2巻まではちゃんとしてます(刊行ペースも)。ギロチンさんがいいキャラですし、紫の出番は減りますがオイシイ所は押さえてます。
    「醜悪祭」だって、書かれている部分はまともみたいですしね。(下巻出てから買おうと思ったらこんなことになり未だ買っていません。色々付け足して1冊にまとめてくれたら買うよ、とは思っていますけど)

     2巻の雰囲気が気に入ったのなら、「電波的彼女」もお薦めです。(こちらも続きが出て欲しいようで「醜悪祭」みたいになったら困る)
    「紅」3巻に「紅」じゃなく「電波的彼女」のDVDが付く不思議。

  2. うらら より:

    紅ファンブックは本当に色々な意味でひどかったらしいですね…
    とりあえず、いつになるかは判りませんが2巻までは読んでみたいと思います?。醜悪祭まで手を出すかどうかはその後判断しても遅くはないですしね。

    「電波的な彼女」も実は1巻を積んでいるので、近いうちに読んでみたいです。
    漫画版「紅」3巻はもちろん限定版を買います!