アカイロ/ロマンス3 薄闇さやかに、箱庭の | 今日もだらだら、読書日記。

アカイロ/ロマンス3 薄闇さやかに、箱庭の

[著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜

ある日の学校帰りの公園で、景介は繁栄派の少女・檻江と出会う。敵であるはずの景介に敵意どころか何の感情も覗かせない彼女は、行方不明の景介の姉がいつも口にしていた詩を口ずさんでいた。姉の手がかりをつかむため檻江を追っていくと、病院にたどりついて…。
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
なんかもう、このラノベ「今回のドッキリビックリ“つうれん”」を見るのが最大の目的になってきたような気がしてきた…そんなこんなで毎回つうれんがトバしすぎで困ります。このシリーズの真主役は間違いなく“つうれん”。次回あたりできっとまた打ちなおされて、突拍子も無い武器になってるに違いないと思います。もう枯葉お嬢様の発想力に完敗です。いやまあ、好きだけどチェーンソー+和服美人!!

今回は、繁栄派との戦いを通して鈴鹿の一族の隠蔽された暗部に迫るお話?2巻までは灰原と景介・枯葉の関係を中心に描いてきましたが、それがひと段落ついたからか二人の「姉」と「鈴鹿の一族」の方向にお話の中心が移ってきた感じ。景介の姉はとにかく、枯葉に姉が居たことなんて思いっきり忘れてた…。

景介が人間らしい小賢しさを駆使して戦う場面は面白かったけど、どうやって対抗するのかしょっぱなで判ってしまったのが残念だったかも。普通の高校生らしい発想で戦うというのがコンセプトならある程度予想されてしまうくらいで良いのでしょうが…どうせなら“つうれん”くらい度肝を抜く展開がほしかったかなぁ。

枯葉の知らない一族の裏事情もかなりあるようで、今後それがどのような形で明かされていくのか楽しみです。
というかつうれんの今後に超期待。

コメント

  1. [感想][★★★☆☆][藤原祐]「アカイロ/ロマンス3 薄闇さやかに、箱庭の」

    「どういうつもり?」 「どうもこうも。英の言った通り、偶然ですよ」 「誤魔化さないで」 「くだらない冗談に付き合う趣味はないわ」 「まったく……昼間と別人ですね」 「…………...

  2. アカイロ/ロマンス3巻の感想レビュー(ライトノベル)

    電撃文庫のラノベ、『アカイロ/ロマンス3〜薄闇さやかに、箱庭の〜』(藤原祐先生原作、椋本夏夜先生イラスト)が発売中です。

    表紙は供子と血沙、血香の新キャラ3人娘。

    見た...

  3. [現代異能バトル][TRPG]アカイロ/ロマンス 3 薄闇さやかに、箱庭の

    アカイロ/ロマンス〈3〉薄闇さやかに、箱庭の (電撃文庫) 作者: 藤原祐 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス 発売日: 2009/03/10 メディア: 文庫 「いろいろセカイが暗く広がってきた...

  4. 黙々読書 より:

    アカイロ/ロマンス 3 薄闇さやかに、箱庭の

    あらすじ

    学校帰りの夕方だった。
    景介はひとりの少女と出会う。
    公園のフェンスの上に腰掛け、詩を口ずさむ娘。...