384,403km あなたを月にさらったら | 今日もだらだら、読書日記。

384,403km あなたを月にさらったら

 

美由紀は幼稚園の頃に同じ組だった理世にずっと片思い中。私立小学校に進んだ理世と公立の学校に進んだ美由紀は離れ離れになり、月と地球にいるようなさみしさを感じていた。そんな彼女の念願が叶って理世の通う私立女子高に進学するが、理世はとある先輩の「お気に入り」になっていて…!?

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

ティアラ文庫、創刊ラインナップ以来のジャンル:「百合」。みりおんぐらむさんの感想がきっかけで手にとりました。主人公が、幼稚園児の頃から好きだった女の子を今度こそモノにするため、エスカレーター式のお嬢様学校に進学する…というお話。

主人公のキャラが楽しすぎて、最初から最後までニヤニヤが止まらなかった!これまで読んだティアラ文庫のラインナップの中でも最高に楽しめたかも。本人はあくまで「策士」のつもりでいるんだけど、考えていることがすぐに顔に出てしまったり、大事なところであっさり計略が破たんして茫然としたり……という壮絶なうかつな子っぷりが微笑ましい。「コードギアス」のルルーシュの女の子版、という言葉が脳裏をよぎったとかよぎらないとか。

また、美由紀の恋人である理世が非常に良い性格してる。おっとりした天然娘かと思わせておいて、予想外に客観的な視点を持っている、作中で何度も表現される通り「猫みたいな」女の子。彼女と美由紀が結ばれた後は理世の視点からも物語が語られるのですが、しょうもない計略を巡らせてはすっ転ぶ美由紀の姿と、そんな彼女をふりまわす天然小悪魔っぷりに笑いが止まりませんでした。

唯一、残念なのはティアラ文庫では定番の事ながらかませ犬ポジションの押しが不自然に弱い事。
特に恋敵であるまりあ先輩にはもうちょっと頑張ってほしかったな。良いキャラだったのに。
美由紀と理世が結ばれたとたんに完全に出番がなくなるのは正直どうかと思う。

あと、
理世×美由紀(with酒)を、どうしてカットしたし
せっかくエロありレーベルなんだから、そこはしっかり収録すべきだっただろおおおおお!

コメント

  1. 『384403km—あなたを月にさらったら (ティアラ文庫)』 読了

    百合小説ってやつを読んでみようかと思って手を出したのだが、これがなかなかに面白か