サマーウォーズ | 今日もだらだら、読書日記。

サマーウォーズ

 
 
原作
細田 守

小磯健二は、憧れの先輩・篠原夏希に、「4日間だけフィアンセの振りをして!」とアルバイトを頼まれ、長野県の田舎に同行することに。夏希の曾祖母を中心にご親戚に囲まれながらも、大役を果たそうと頑張る健二のもとに、謎の数列が届く。数学が得意な彼は、夢中で答えを導きだすが、翌朝世界は一変していた。世界の危機を救うため、健二と夏希、そして親戚一同が立ち上がる。熱くてやさしい夏の物語。映画「時をかける少女」の細田守監督・最新映画を完全ノベライズ。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

映画「サマーウォーズ」のノベライズ。

ほぼ原作映画そのままのノベライズなのですが、映像だけではわかり辛い部分、語られていない部分への言及があるのが良かった。何故最後が花札勝負になったのかとか、なぜ夏希先輩が健二達のところに「アルバイト」の話を持ち込んだかが明かされたのにはニヤリとしました。あの事件の前から元々ある程度の親交があったんだなあというか、夏希先輩、誰でも良かったわけじゃないんだなあ…

あと映画でもコミック版でも小説版でもひたすらに揺るがない栄おばあちゃんかっこいいよ栄おばあちゃん!!!特に、初期の混乱を収める為に「知り合い」の伝手にひたすら電話をかけまくるシーンのかっこよさやばかった。まさか現実世界だけじゃなく「OZ」の世界でもおばあちゃんのかっこよさが垣間見れるとは。栄おばあちゃん好きとしてひたすらニヤニヤが止まりませんでした。