屋上の暇人ども | 今日もだらだら、読書日記。

屋上の暇人ども

 

ウワサなんて気にしない。同情なんと欲しくない。理由なんて意味がない。居場所がないなんて、きっと言わせない…。そこは、湘南なのに海の見えない南高校。走れなくなった陸上選手・鵜飼譲、その幼馴染みの松下未来。二人が居場所を求めて作った天文部に、ある日嵐がやってきた。百間鴫、凌霄夏女。放校寸前、鑑別所帰りのウワサのふたり。だけど、そんな彼らの中に譲は何かを見つけてしまって…。それぞれに手探りに、四人の居場所探しが始まる。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

色々な黒い噂を持つ問題児2人・百間と凌霄が成り行きで部員2人きりの天文部に入部する事に。二人が問題を起こすのではないか…と入部を拒否しようとする未来だが、彼女の幼なじみで天文部部長の鵜飼譲は少しずつ彼らに興味を持ち始めて……というお話。

それぞれの理由から学校での居場所を上手く見つけられない4人が少しずつ距離を縮めていき、天文部に居場所を見出していく展開が凄く好き。最初は百間がキレるたびにビクビクしていた鵜飼と未来がだんだんその程度ではものともしない態度になっていくのにとてもニヤニヤする。問題児2人と鵜飼のやりとりもすごくいいんだけど、なによりなんだかんだでどんどん2人に情を移していく未来のツンデレっぷりが可愛かった。「追い出さなきゃ!!」と叫びながらもいざ二人が学校を追い出されそうになると放っておけない姿が可愛すぎる。明かされた過去は決してすぐに振り切れるような安易なものではなかったけど、それを振り切って少しずつ新しい居場所をみつけていく姿が素敵でした。

しかしそれ以上にツボにはまったのはラストの凌霄&鵜飼のやりとりとそれを見た百間の慌てふためきっぷりだったのですが!!そして巻末の「中学性日記」で撃沈。感情豊かで凌霄バカな百間可愛いよ百間。短絡的な行動に走りそうになった百間をしれっと止める凌霄美味しいよ凌霄。

一見BLと見紛うような、どこか共依存の入り混じったような二人の関係がたいへん美味しかったです!!