テルミー きみがやろうとしている事は | 今日もだらだら、読書日記。

テルミー きみがやろうとしている事は

 
七草

修学旅行での事故で失われたひとつのクラス。当日欠席したことで事故をまぬがれた少年・清隆は、ただひとりだけ生き残った少女・輝美が、亡くした恋人の遺品を持ち出したことに困惑する。問いかける清隆に輝美は、自分の中に亡くなったクライメイトたちの最期の願いが残されていることを伝える。少女はその想いをかなえようとしていたのだ。清隆は自分にも手伝わせてほしいと申し出るが…。悲劇から始まるやさしさの物語、読んでください。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

事故でただ1人生き残った少女・輝美の中に宿った24人のクラスメイトたちの「残留思念」。彼女と修学旅行を欠席して難を逃れた少年・清隆が彼らの心残りを晴らすために奔走する……というお話。

淡々と静かに紡がれる悲しくてほの温かい鎮魂の物語。輝美は24人の残留思念の助力を得る事が出来る「超人」となっているのですが、それでも元はただの女子高生で……というところがよかった。特に、故人の想いの正しい伝え方がわからない輝美と湯坂のお母さんとの不器用なやりとりには胸が熱くなりました。

「1人になるため」にその町にやってきた彼女が、クラスメイトたちの残留思念を得ることで自分自身も変化していく事、もう過去の自分には戻れないと自覚する様子がとてもよかったです。

しかし、24人の残留思念を晴らす、といいつつ結局5人くらいしか晴らせてなくて、後書きを見る限りこれで完結っぽい言い回しなんだけど続編は出ないのでしょうか。輝美自身にも何かの秘密がありそうだし、あと1?2冊でいいから続きが読みたいなあ。