生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5 | 今日もだらだら、読書日記。

生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5

 

私立碧陽学園生徒会―そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、その楽園を支える、日陰者たちの存在がいることを忘れてはならない。「黙示録」だからこそ!という甘い言葉に誘われ、登場するも表紙を飾ることは出来ない、陰の存在。誰だって物語の主人公になれるはず!そんな淡い希望と、儚い願いを胸に、いつ来るとも分からない、その日に向けてアピールを続ける悲しい彼らに、ついにスポットが当たるときが来た。主人公、杉崎鍵のクラスメイトでありながらも、脇役というポジションから抜け出せなかった彼…ではなく、彼女に。これは何かのフラグか。急速に動き出す2年B組の恋愛模様にも、目が離せないっ。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

あらすじから予想はしてたがどうして鍵が表紙にならなかった。
生徒会シリーズの主に「生徒会の外」を番外編シリーズ第五巻。

元々本編の番外編的な物語が多いお話だったけど、今回は特に生徒会5人以外に焦点の当たったお話が多かったような。一発ネタかとおもっていた1-Cがシリーズ化していてびっくり。というか何その残念すぎる才能と団結力の無駄遣いぶり!!!ボケ×ボケな真冬&会長の買い物風景とか、犯人放置プレイもいいとこなドS探偵も面白かったです。

そして今回のメインと言っても良いであろう2年B組……中目黒の攻キャラとしての成長ぶりがひどいというか、もうあのエロ発言とか天然でやっているようにはとても思えなくなってくる。全部解ってるけどわざと天然の振りして杉崎が恐れおののく様子とツッコミを楽しんでいるんじゃないかという疑念がぬぐえません……この小悪魔攻!!

宇宙守は「いい人なのに残念」という言葉が脳裏をよぎって仕方無かった。というか、前巻の真冬ちゃんのあとがきといい、今回の深夏の勘違いっぷりといい最近の公式は鍵守推しですか?!深夏の熱血青春ノリに押されてなんか明らかに本意じゃない方向に行きそうになってる守がマジ哀れですいいぞいいぞもっとやれー!!!

しかし最後の最後でまさかの「つづく」。鍵と巡の関係は、鍵に進展させる気がないのならちゃんと決着をつけてほしいとは思うけど、次巻でどう転がるんだろう。中目黒の過去話も気になるところだし、続きがとても楽しみです。

コメント

  1. 『生徒会の木陰』の感想レビュー(ライトノベル)

    富士見ファンタジア文庫のラノベ、『生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5』(葵せきな先生、狗神煌先生イラスト)が発売中です。
    チラホラと噂にはなっていましたが、新アニメ化の発...