フルメタル・パニック! アナザー1 | 今日もだらだら、読書日記。

フルメタル・パニック! アナザー1

   
原作
賀東 招二

あの戦いから十数年…。市之瀬達哉は都立陣代高校に通う、機械いじりが大好きな普通の高校生。無難な人生を楽しんでいた達哉だったが、ある日暴走した正体不明のASに突如襲われてしまう。殺される!そう思った瞬間、目の前に現れたのは、謎の美少女アデリーナだった。しかし、大怪我を負っていた彼女は、善戦虚しく倒れてしまう。達哉はアデリーナと妹を守るため、触れたこともないASに乗り込むことに。その決断が、彼の運命を大きく変質させていく―。SFアクションの金字塔「フルメタル・パニック!」の新たなストーリーが、ついに作戦開始。(「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

「フルメタ」本編から十数年後の世界を描く、スピンオフ。機械弄りが好きな普通の男子高校生とPMCと呼ばれる民間軍事組織に所属する謎の美少女のボーイミーツガール。書くのが別の人だと聞いて期待よりも不安が大きかったのですが、蓋を開けてみたらびっくりするくらい「フルメタ」でした。色々なところで宗介とかなめの立ち位置を入れ替えたフルメタという印象。

中心部に居るキャラクターは入れ替わっているので前作を読んでいないと話が理解できない……ということはありませんが、その一方で「フルメタ」本編を読んでいるとニヤニヤ出来る仕掛けが目白押し。十数年後の世界ということであの人やあの人の将来の姿も登場するし、特に「マジで危ない九死に一生?」の書き下ろしを読んだ後に開くと、まずカラー口絵の人物紹介でニヤニヤが止まらなくなる!!あのやり取りはここへの伏線だったのかー!!!

1巻はとりあえず顔見せと導入……という感じが強く、新ASのお披露目もこれから。基本的にASの顔見せ?的な話がメインになるということなのでどうなるのかなあ……という感じだけど、まだ出てきてないあのひとやあの人の未来の姿とか期待せざるをえませんよね。ストーリーもキャラクターも含め、今後がとても楽しみです。

……それにしても、本当にフルメタの制作陣は、「サベージ」が好きだな……