放課後カタオモイ | 今日もだらだら、読書日記。

放課後カタオモイ

 

「お前の描いた女の子が好きなんだ!」オタクで目立たない順に声をかけてきたのは、クラスで人気の丹羽くんだった!サッカー部で爽やかで皆に好かれてて…。自分とは正反対の人種だと壁を作っていた順だが、ごく自然に仲良くしてくれる丹羽くんに気持ちが解れていく。しかし、近付くほど、彼が好きなのは自分ではないと気付かされて―。もどかしい程まっすぐでじれったい恋。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 クラスでも目立たないオタクの順にマンガなど殆ど読まないイケメンサッカー少年の丹羽が声を掛けてきた。漫画研究部の部誌に載せた順のイラストに一目惚れしたという彼の言動に最初は戸惑っていたが、段々と丹羽が好きなのが「自分の描いたイラスト」だということにモヤモヤしはじめて……というお話。以前読んだことある作者さんということで手に取ったのですが、同じくらいに表紙のデザインやイラストがツボでやばかった。自発的にBLを衝動買いしたのは本当に久しぶりでした(これまでのラインナップは大体誰かに薦められて手に取ったものだったので)。

 序盤から既に出来上がってるじゃないですかー!という感じの二人が自分の気持ちを自覚しないでモヤモヤしたり、「男同士なのに…」って思ってもだもだしたり、お互いに勘違いを繰り広げてもだもだして中々両想いにならないこのもどかしさが可愛くてもうたまらない。なんかお互いがすれ違ってても全然心配にならなくて、ひたすら「お前らかわいいなー!!」って気持ちになる。むしろもっとやれという気持ちになる。これは良いほもゆり。

 ひたすらほのぼのと可愛いお話でこれにエロは蛇足じゃないかなあと思ったんだけど、本番前くらいで終ってるあたりがまた美味しかった。というかこれはもう逆でもいいなー。わんこ系で押せ押せに見えるけど大事な所で押しが弱い丹羽に対して、恋心を自覚した後もそれはそれこれはこれで漫画家になるという夢に向かって一生懸命な順が案外男前で。丹羽が順に惚れたきっかけのエピソードの(丹羽視点からの)順が(一応)受(のはず)なのになんだかかっこよくてニヤニヤする。

 個人的に、あとがきに書かれていた社会人エピソードがツボすぎるので是非ともそのネタで続編を書いて欲しいです。今度は最後までアリで。わんこ可愛かった丹羽君の成長エピソードが見たいです!!

 あと、その際は当て馬可哀想だった斎藤さんの救済を是非……BLだからこういう展開になるのはわかってたけどツンデレ可愛かったのに結局ふたりが両想いになるためのダシに使われた感がすごく…!!