恋するしっぽ | 今日もだらだら、読書日記。

恋するしっぽ

 

垂れ目に八重歯、気弱に下がる太い眉。女の子にモテる要素ゼロの俊太の仕事は、遊園地の着ぐるみ―ピンクの子豚のベリ子に入ることだ。園内のヒーローショーに出演する俳優、響と知り合った俊太は、ベリ子に入っているのが誰かを聞かれてしまう。ベリ子が客に親切にしているところを見た響は、中身が優しい女の子だと思っているらしい。俊太は本当のことを言えなくて…。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 自分の容姿にコンプレックスを持つ俊太は遊園地でピンクの豚の着ぐるみ・ベリ子を着て風船をくばる仕事をしていた。ある日、ヒーローショーに出演する人気新人俳優・響とひょんなことから知り合いになり、彼にベリ子の中身が誰かと問われるけど……というお話。

 最初から微妙にそんな香りがしていたけど、攻がイケメンと見せかけたへんたい紳士だった。「お試し期間」の間にもピンクのブタを集めてるっぽい雰囲気を覗かせたり、仕事仲間と打ち解ける主人公にヤキモチ全開だったりとこう色々アレなんですが晴れて両想いになったあとのデレデレ具合が酷い。本当に酷い。自宅訪問の時に二階を片付けに行ったのは間違いなくそのまま通したら覚悟しててもドン引きできるようなブタグッズと俊太にまみれた部屋だったに違いないと思ってうっかり事故で俊太が部屋に踏み込む展開がなくて本当に残念。

 着ぐるみの正体をバラせなくて云々〜な展開はどちらかというと短めで、あとはどちらかというと容姿にコンプレックスを持つ受とイケメン攻がもう完全に両想いじゃねえか!!ってなりつつももどかしく残念な感じでいちゃいちゃするお話で、大変楽しかったです。