« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今月のまとめと読了記録[2009年1月分]

1月に読んだ本は18冊でした。
冬休み中殆ど本を読まなかった上コミケから間髪居れずに原稿だったからある意味仕方ない……。

2009年1月のページアクセストップ4


 
ばけらの!2
⇒感想

これはゾンビですか?1
はい、魔装少女です
⇒感想

 
とらドラ9!
⇒感想

生徒会の四散
碧陽学園生徒会議事録4
⇒感想


元キャラ作家さんの推理やってた「ばけらの!2」と発売前からうっかり騒ぎ立てた「これはゾンビですか?」がツートップ。ジンくんは総攻(合言葉)。ゾンビはもうちょっとゲテモノ臭がしたほうが好みだったのですが…割と正統派な異能力バトルラブコメでした。「生徒会の四散」はアニメ化も決定して波乗ってますね。でも5巻でコレまで水面下で動いてきた「企業編」がどういう動きを見せるのかが心配だなあ…。

ていうか今回、3位の「とらドラ9!」除いて全部何らかの形で他所のサイトさんからの言及を頂いてるのですが、煮ても焼いても食えない感想書いたときに限って他所のサイトさんから感想リンクされてて後から恥ずかしくなるトラップは何なんでしょうか…「ジン×ヒカル萌え」とか「枯野×杉崎萌え」とか書いたときに限って!

2009年1月に読んで面白かった本


戦闘城塞マスラヲ Vol.5
川村ヒデオの帰還
⇒感想

ムシウタbug 8th.
夢架ける銀蝶
⇒感想

 
ラノベ部2
⇒感想

ベン・トー3
国産うなぎ弁当300円
⇒感想


今月は間違いなくずっとスニーカーのターン!!!
クライマックスだった「戦闘城塞マスラヲ」と「ムシウタbug」が新年早々素晴らしい勢いで魅せてくれました。マスラヲはヒデオ&睡蓮をメインにした続編シリーズの予定があり、ムシウタはこのまま本編クライマックスに続いていく…とのことで、今後の展開も見逃せません。

ますますヘンな方向にヒートアップする「ベン・トー」とパロディとあるあるネタまみれな「ラノベ部」も巻を重ねるごとに面白くなってきてて、今後が楽しみ。ラノベ部は小ネタの応酬やなんともいえない心地よい雰囲気もとてもいいんだけど無口系百合娘の暦の可愛さが半端じゃないと思うのです。

2009年1月の読了記録

メディアマーカーの読了記録から。
今月はラノベ以外ではなんといっても「バクマン。」が凄かったです。あと初期ガンガン読者としては、夜麻みゆき新刊が物凄い感慨深かった!

期間 : 2009年01月
読了数 : 27 冊
本・雑誌
森橋 ビンゴ / 学習研究社 (2009-01-27)
★★★★☆ 読了日:2009年1月28日
麻雀は全くわからないのですが、主人公とヒロインの熱血スポ根系ラブコメとして楽しめました。

ただ、主人公とヒロイン以外のキャラがちょっと消化不良気味だったかも。

初音さんと一之瀬さんはもうちょっと最後までフォローしてほしかったというか…
トリフィルファンタジア 1
夜麻 みゆき / スクウェア・エニックス (2008-12-27)
★★★★★ 読了日:2009年1月27日
夜麻みゆき懐かしすぎる…!

独特の雰囲気で、まったりと癒されるお話でした。
BAMBOO BLADE 10 (ヤングガンガンコミックス)
土塚 理弘 / スクウェア・エニックス (2009-01-24)
読了日:2009年1月27日
榊ウラのキャラクターが意外すぎて噴いたww
ベン・トー3 国産うなぎ弁当300円
アサウラ / 集英社 (2009-01-23)
★★★★★ 読了日:2009年1月27日
洋の二つ名が大変なことに!!w

シリアスシーンでも普通に「二つ名」が使われてることに同情せざるをえないww
MELTY BLOOD (6)
桐嶋 たける / 角川グループパブリッシング (2009-01-26)
★★★★★ 読了日:2009年1月23日
第一部完ということは第二部もあるの?

リーズバイフェさん登場のくだりが熱すぎました。
屍姫 10 (ガンガンコミックス)
赤人 義一 / スクウェア・エニックス (2009-01-22)
読了日:2009年1月23日
神佳さんかっこいいなあ!

しかし、不毛の荒野+突き立つ大量の日本刀という組み合わせに思わず某エロゲを思い出しましたすいませんごめなs
ラノベ部2
平坂 読 / メディアファクトリー (2009-01)
★★★★★ 読了日:2009年1月23日
暦が人知れず文香の挙動挙動にじったんばったんする姿が可愛くてしょうがない。

あと堂島と竹田の出会い話がツボでした。
さくらファミリア! (一迅社文庫 す 1-2)
杉井 光 / 一迅社 (2008-07-19)
★★★★★ 読了日:2009年1月22日
杉井光作品のくせに主人公がかっこよかった!(笑)

あとラストの叙述トリック噴いた。
桐原家の人々〈4〉特殊恋愛理論 (C・NOVELSファンタジア)
茅田 砂胡 / 中央公論新社 (2001-08)
★★★★★ 読了日:2009年1月21日
いつか天魔の黒ウサギ2  《月》が昇る昼休み
鏡 貴也 / 富士見書房 (2009-01-20)
★★★★☆ 読了日:2009年1月20日
前巻のような派手なバトルはないけど、ガンガン伏線が消化され、その横から更に新しい伏線が張られていく。テンポがめちゃくちゃ早い。
生徒会の四散  碧陽学園生徒会議事録4
葵 せきな / 富士見書房 (2009-01-20)
★★★★★ 読了日:2009年1月19日
あいかわらず安定して笑えるラノベ。

しかし、「存在しない?」の方が本格的に動き出したようで、今後どうなるかがとても気になります。
これはゾンビですか?1  はい、魔装少女です
木村 心一 / 富士見書房 (2009-01-20)
★★★★☆ 読了日:2009年1月17日
しっちゃかめっちゃかなギャグ系だと思ったら割とまじめに(?)異能バトルしてて、

ちょっと拍子抜けしたかも。

ていうか主人公のグラフィックが素晴らしすぎるので(ギャグ的な意味で)もうちょっと生かしてほしかった。
まりあ†ほりっく3
遠藤 海成 / メディアファクトリー (2008-07-23)
読了日:2009年1月16日
まりあ・ほりっく 4
遠藤 海成 / メディアファクトリー (2008-12-22)
読了日:2009年1月16日
紅
片山 憲太郎 / 集英社 (2005-12)
★★★★☆ 読了日:2009年1月16日
子供らしいワガママさと、ご令嬢らしい誇り高さを併せ持つ紫がとても魅力的でした。
前はマのつく鉄格子!
喬林 知 / 角川グループパブリッシング (2008-12-27)
★★★★☆ 読了日:2009年1月15日
あんなキャラやらこんなキャラやらが再登場の新シリーズ開幕編。

久しぶりにコミカルなノリが戻ってきて、読んでいて楽しかったです。
ZOMBIE‐LOAN 11 (ガンガンファンタジーコミックス)
PEACH-PIT / スクウェア・エニックス (2008-12-27)
読了日:2009年1月14日
久しぶりすぎて内容わすれてた……そろそろクライマックスな感じ?
ばけらの! (2)
杉井 光 / ソフトバンククリエイティブ (2009-01-15)
★★★★★ 読了日:2009年1月13日
コードギアス 反逆のルルーシュ R2  ナイトオブラウンズ (角川スニーカー文庫)
岩佐 まもる / 角川グループパブリッシング (2008-12-27)
★★★☆☆ 読了日:2009年1月13日
全体的にちょっと物足りない部分が多かったかも。

もうちょっとボリュームがあれば…
とらドラ・スピンオフ 2!
竹宮 ゆゆこ / アスキーメディアワークス (2009-01-07)
★★★★★ 読了日:2009年1月9日
春田の短編がお気に入り。バカがバカなりにがんばるお話はすばらしいと思います。

表題作「虎、肥ゆる秋」は他人事じゃなさすぎて困る。
戦闘城塞マスラヲ  Vol.5 川村ヒデオの帰還
林 トモアキ / 角川グループパブリッシング (2008-12-27)
★★★★★ 読了日:2009年1月9日
熱い熱いよアツすぎるっ!

そしてエピローグとあとがきダブルで落としにかかられて噴いた。
ムシウタbug  8th.夢架ける銀蝶
岩井 恭平 / 角川グループパブリッシング (2009-01-01)
★★★★★ 読了日:2009年1月8日
こうやって本編に繋がっていったのかー…

熱くて、ちょっと寂しい、最高の物語でした。

本編のクライマックスも楽しみにしてます!
はじめてのイラスト—CGで描く前に読んで欲しい本
押江 孝信 / ボーンデジタル (2004-11)
読了日:2009年1月7日
ツールの使い方とかではなく、「イラストの描き方」な本。

人体の描き方とか光と影の当たり方とか背景の書き方とか、上手くなるための心構えとかそういうことが書いてある。

絵やマンガを描いてる時に初歩の部分で躓いてたので読んでみたけど、面白かった。



既に基本がちゃんとしてる人には必要ない本ではあるんだけど

いつも思わずバストアップばっかり描いてしまったり、背景を加工でごまかしちゃったりしてる人が

その自分の実力に満足できてない時に読むと、良い刺激になるんじゃないかと思う。



「自分の苦手な部分を描かないで逃げてたら、いつまで経っても上手くならない」。

うん、逃げないようがんばる。
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫 J も 2-1)
森田 季節 / メディアファクトリー (2008-09)
★★★★☆ 読了日:2009年1月7日
なんとも言えない読後感。色々な要素が核融合を起こした結果なぜか爽やかになっちゃったぜ!みたいな。

あと表紙の引力が強すぎる。編集とデザイン担当が良い仕事しすぎ。
バクマン。 (1)
大場 つぐみ / 集英社 (2009-01-05)
★★★★★ 読了日:2009年1月6日
主人公たちの努力具合が物凄くて、良い意味で打ちのめされる。

趣味の範疇とはいえ同じマンガを描く人間としてもっと頑張らなきゃなぁと思わされた。

あと個人的に、各話毎に掲載されているネームは必見だと思う。変わりすぎw
テイルズ オブ シンフォニア-ラタトスクの騎士- 世界の願い3
矢島 さら / エンターブレイン (2008-12-26)
★★☆☆☆ 読了日:2009年1月6日
最後まで文章の淡々としたノリについていけなかったというか…

ゲームのストーリー自体はとても面白そうだっただけにいろいろ残念でした。
“文学少女”と恋する挿話集 1
野村 美月 / エンターブレイン (2008-12-26)
★★★★★ 読了日:2009年1月4日
美羽の短編「無口な王子と歩き下手の人魚」がドツボでした。

あとボート部は無駄にいい仕事しすぎだw

こちらの記事もオススメ

  • 12月に読んだ本は18冊でした。冬コミ前は毎回消耗するので少なめです…。 ていうか、せめて12月の新刊は今年中に片付けて、1?2冊でも1月の新刊に取り掛かるつも...
  • 4月に読んだ本は5冊でした。再読含むと7冊。 すっかりラノベを定期的に読む癖そのものが抜けかけているというこの事実だよ…… あと、初読当初色々アレな感想を書いて...
  • 2月に読んだ本は19冊でした。 2009年2月のページアクセストップ4 とらドラ9!(⇒感想)ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!(⇒感想) とら...
  • 3月に読んだ本は7冊でした。 いよいよ3月に出た新刊を月内に1冊も崩せなかったという現実に打ち砕かれそう。 アクセス解析とかも引き続きバカテス無双だったので割愛...
  • 9月に読んだ本は感想書いてないもの含め18冊でした。 2009年10月に読んで面白かった本死神姫の再婚孤高なる悪食大公(⇒感想)アンゲルゼ永遠の君に誓う(⇒感想...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません