« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

生徒会ばーさす! お嬢様学園の暴君

[著]番棚 葵 [絵]宮坂 みゆ

お嬢様女子校・白姫学園は経営難で潰れた男子校・友誠学園から試験的に男子生徒数十名を受け入れることに。禁断のお嬢様の園に通う事が出来ると喜々として転入した彼らに手渡されたのは、なんと女子と同じセーラー服だった!?彼らの先頭に立った紫藤水樹は学園に絶対的な権力を持って君臨する生徒会長・天井院神菜に勝負を挑むが…
   個人的お気に入り度数
女子ばかりの楽園に転入してきた数十名の男子生徒たちが制服:女装をはじめとした不当な扱いを受け、女の子ばかりの生徒会に卑怯な手段を駆使して勝負を挑む!!というお話。deltazuluさんの感想で「面白いからという理由で、男子生徒の制服をセーラー服に」という一文を見たらもう居ても立ってもいられなかったんだぜ!!

どんな勝負を繰り広げるのかと思ったら、「かくれんぼ」「鬼ごっこ」と小学生のような種目が連発されてて、失格ギリギリの線でルールの裏をかきあう点ではかなりの頭脳プレイが繰り広げられている筈なのにやってることはまんま子供のじゃれ合いというギャップが楽しかった。特に鬼ごっこで男子生徒が(自主規制)になった時には思わず噴いた。さりげなく女装がクセになっちゃってる男子が居るっぽい(しかも似合わないやつに限って)のには思わず笑ってしまう。

このままこんなじゃれ合いが続くのかと思ったら、二番目の勝負の辺りから急にラブコメ色が強くなってきて、3つめの勝負は「デート」だと!?しかし、この手のラブコメの主人公らしい鈍感っぷりを発揮して女の子達の期待を片っ端から肩透かししていく主人公の罪作りっぷりにヤキモキしつつも、翻弄される女の子達の姿にニヤニヤしたり。

ただ、設備の不遇っぷりとか両勢力のトップが幼馴染同士とか…どうにもひとつ思い出してしまう作品があって、どうしてもそちらの突き抜けっぷりと比べてしまう事が多かったかもしれない。あとヒロインがラストで打ち明けた「裏から手を回した件」はもうちょっと主人公は怒っても良かったんじゃないだろうか。「可愛い我侭」で押し通すには、周囲の被害が大きすぎて素直に可愛いとは思えなかった。

それで購入の最大の決め手となった「男子生徒全員セーラー服」ですけど…まあ絵師さんがすでにバリバリエロゲ絵だったのでそこまで(エグイ意味での)期待はしてなかったけど、もうちょっとこう…男子の挿絵を増やしてくれてもいいのに。べ、別に柳谷のセーラー服姿を描けなんて何もいってないけどさ!うーん、あんまりエグい挿絵を入れると売り上げに響くんだろうなとかそういうのはなんとなく判るんだけど、正直こういうグラフィック的に突き抜け感のある作品で挿絵が女の子の萌え萌えなイラストばかりというのはどうしても物足りなさが残ります。うん、私がこのシーンで見たいのはお前じゃないんだ……みたいな感じ。

何より本文であそこまでやっといて芹沢の挿絵がないのはどう考えてもおかしいだろ!!芹沢の扱いは露骨に秀吉的な何かを感じただけに、そこまできたらもうちょっと頑張って昨今の男の娘好きに売り込んでも良かったと思う。バカテスの秀吉・おとまほのかなたん・生徒会の中目黒に張り合えるほどのポテンシャルを彼から感じたので、挿絵を入れなかったSD文庫編集部は本当にわかってないなあと思った。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

2 Comments

  • 今年の8月のMF文庫Jの新刊で
    『僕は友達が少ない』という作品に
    女装美少年が出ていましたよ。イラストもありで。
    『ラノベ部』の作者の新作です。

    通りすがり |2009/8/26(水) 17:36 | Permalink
  • 「ラノベ部」の平坂さんの新作ですか!ちょっとここ数ヶ月新刊を読みきれないことが多く新シリーズには中々手を出せない状態が続いているのですが、調べてみたところ結構評判もよいみたいなので余裕が出来たらテを出してみたいです。

    コメントありがとうございましたー。

    うらら |2009/8/29(土) 12:16 | Permalink