« 3月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今月のまとめと読了記録[2009年6月分]

5月に読んだ本は22冊でした。
普通のラノベ3倍分の容量のアレがあったにもかかわらず、普段の平均からすると割合多め。それでも先月から引き続き、とても読み残しの多い月でした……「アクセルワールド2」はいつか時間を見つけて読みたい所存です。

2009年6月のページアクセストップ4


 
サクラダリセット
⇒感想

 
バカとテストと召喚獣6
⇒感想

これはゾンビですか?1
はい、魔装少女です
⇒感想

GENESISシリーズ
境界線上のホライゾン2(上)
⇒感想


乙一絶賛で話題を呼んだスニーカーの新作「サクラダリセット」が大人気。椎名優さんの挿絵がぴったりの、透き通るような透明感を持った青春モノでした。これは普通にオススメ。

そしてまたうちのブログの中で「バカとテストと召喚獣」の時代が来ている……!?
正確には本の感想ではないので除外したのですが実は4位くらいにドラマCDの感想記事がありました。アニメ化効果で盛り上がってきたのかな?7月はFBオンラインの方でバカテスアニメの最新情報が出るらしいし、8月は短編集発売で、まだまだ暫く盛り上がってそうですね。文月学園オンラインも楽しみ。

先月から引き続きゾンビ大人気。なんだかんだいって2巻読んでないんだよな…

境界線上のホライゾン2上」は一週間がかりでなんとか読みきりました。正直エベレスト山にでも登っている気分だったよ……今月発売の2下のほうが分厚いんですけどねorz

2009年6月に読んで面白かった本


 
猫耳父さん
⇒感想

 
SH@PPLE-しゃっぷる- 6
⇒感想

運命のタロット13 《女教皇》は未来を示す
⇒感想

 
NO CALL NO LIFE
⇒感想


とりあえず今月色々とインパクト強かったのが「猫耳父さん」!!少年の女装挿絵すらためらう傾向があるライトノベル界で、ここまでガッツリと猫耳親父を描ききった作家さんと編集さんを絶賛したい(元々、連載雑誌が非ライトノベル誌だったから、というのはありそうですが…)話自体も家族モノで普通に良かったよ!

SH@PPLE-しゃっぷる- 6」は私が密かに大好きな胡蝶の宮のターンすぎて困った。6巻ラストに載ってたマンガ版のキャラデザも凄い可愛かったのでそちらにも期待したいです。…ところで、ドラマCDは買うべきなのでしょうか…個人的には釘宮理恵使うなら蜜じゃなくて雪国・舞姫の二役にしていただいて思う存分少年声を聴きたかったような気がしなくもないよ!

現在絶賛強化中の「運命のタロット」。真の方の「悪魔」も面白かったけどやはり最高に燃えたのは第一部最終巻である「女教皇」かな。これから真シリーズもクライマックスに入っていくので、どんな展開になるかとても楽しみ。

そして今更ながら、発売日に買って以降ずっと積んでた「NO CALL NO LIFE」がツボ直撃だった!何故もっと早くに崩さなかったんだ私……!!今月文庫版も発売されるようなので、未読の人は読んでみるとよいのではないかと思います。退廃的で殺伐とした青春が素敵だよ!!

2009年6月の読了記録


なんか物凄く少女漫画強化月間だった気がする。
というか「NGライフ」「キラメキ☆銀河街商店街」という私の中の2大胸キュン少女漫画が完結してしまって、もう私来月からどうしたらいいの!!という気分です。敬大かっこよかったよ敬大。

あと、今月はラノベ系の画集が多くて死ぬかと思いました。山本ヤマトさんと深遊さんの画集を買ったよ!時期が被ってなければヤスさんのとらドラ画集もちょっとほしかったなあ……

トライピース 1 (ガンガンコミックス)
丸 智之 / スクウェア・エニックス
読了日:6月2日
某書店の女装フェアで釣られて……ああなつかしい、王道的ガンガンノリ。やっぱ「愛と平和と女装と!」とか言い出すのか?
野に咲く薔薇のように 1 (1) (アクションコミックス)
ひな。 / 双葉社
読了日:6月9日
某書店の女装フェアでパート2。何故か幼女になってしまった女の子の代わりに女装して大学に行ったりするお話。すれ違い模様とか様々なコンプレックスに悩んだりする主人公二人の姿がちょっと切なくて良い感じ。
D.Gray-man (18)
星野 桂 / 集英社
読了日:6月9日
作風がまた盛大に変わった気が…後半の戦闘シーンとか違いすぎて噴いた。これなんてジャンプのバトル漫画?(いえ、実際元々ジャンプ漫画ですが!)あとリンクが男前すぎて困る。
バクマン。 3 (ジャンプコミックス) / 小畑 健
大場 つぐみ / 集英社
読了日:6月9日
相変わらず面白いけど打ちのめされるマンガだ…新妻エイジのところでアシやる話が面白かったな。漫画家の卵達がお互いに意見をぶつけ合って高めあっていくシーン、すごくわくわくする。
オンナノコになりたい!
三葉 / 一迅社
読了日:6月9日
同人誌の参考に…と思って読んだけど、化粧のやり方とか普通に化粧慣れしてない女でもかなり参考になる。 特にこういう初歩的な部分ってこの年になるとなかなか他人に聞けないしね…。
キューカンバー×サンドイッチ 1 (1) (YA!コミックス)
赤井 ヒガサ / Bbmfマガジン
読了日:6月19日
これは良い弟×兄、しかも傲慢ツンデレとの三角関係+αだと!主人公の天然ぶりに翻弄される二人の姿ににやにやします。かわいいなぁー!
うみねこのなく頃に Episode2:Turn of the golden witch 1 (Gファンタジーコミックス)
竜騎士07 / スクウェア・エニックス
読了日:6月23日
Ep.1から話続いてるのにどうやって並行させるのかな?と思ったら予想以上に過去話引っ張ってる。鈴木さんの描く女の子の笑顔は本当に可愛いなあ。そしてひぐらし祟殺し編マンガ版のイメージがあるからか譲治さんがトミーに見える!
うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 3 (ガンガンコミックス)
監修:竜騎士07 / スクウェア・エニックス
読了日:6月23日
第五の夜まで終了…になるのかな?多分。1巻頃の真理亞が超可愛かっただけに、例の表情が余計引き立って怖く見える。しかし、毎回この人のオマケ劇場は金蔵が愛されすぎてて困るw
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 2 (ガンガンコミックス)
監修:竜騎士07 / スクウェア・エニックス
読了日:6月23日
鷹野の過去後編と入江先生と北条兄妹の過去話編。PS2版しかやってないのでこの辺の話は殆ど初見だったんだけど、あっちは相当表現を抑えてたんだなあ…特に入江先生の過去にはびっくりした。
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 2 (Gファンタジーコミックス)
監修:竜騎士07 / スクウェア・エニックス
読了日:6月23日
原作でも最高に燃えた辺り。っていうかずっと圭ちゃんのターン!この人の描く圭ちゃんは他のコミからイズの圭一よりも年相応の少年らしさと頼もしさが引き立ってる感じで、なんか好きだなあ。
鋼殻のレギオス画集——Miyuu Art Works
深遊 / 富士見書房
読了日:6月23日
レイフォンかっこいいよレイフォン。躍動感のあるイラストが多くて見てると無性にワクワクしてくる。あと、各イラストに出展+一言コメントが入っているのが地味に嬉しい。そしてラストの1枚(サントラオマケのあれ)には噴出さざるをえなかったwww
もえひめ (ゼロコミックス)
秋山 こいと / リブレ出版
読了日:6月23日
腐りすぎだこの平安時代ww2話のお姫様の心境があるあるすぎて困った……
キラメキ銀河町商店街 10 (花とゆめCOMICS)
ふじもと ゆうき / 白泉社
★★★★★読了日:6月23日
最後までミケたち仲良し6人にきゅんきゅんさせられっぱなしでした。ミケクロだけじゃなく他の4人の仄かな恋の行方も見逃せない。最後まで良い青春だった…!!
NGライフ 9 (花とゆめCOMICS)
草凪 みずほ / 白泉社
読了日:6月23日
うわあああ敬ちゃんかこいいよ敬ちゃんーー!!(ゴロゴロゴロ)一時どうなることかと思ったけど、みんな幸せになってよかった!そして敬大がなんだかんだいって変わらぬパニックヘタレ野郎でほっとした(笑)
清村くんと杉小路くんろ 2 (ガンガンコミックス)
土塚 理弘 / スクウェア・エニックス
読了日:6月23日
まさかのタマちゃん登場に噴いた。安定した笑いのクオリティ。そして清村はどんどんスイーツ狂いに……。ところで本編とは関係ないですが、ひょっとして原稿がデジタル処理に変わった?ちょくちょく線がデジタル特有の荒れ方をしてるのが気になる…。
聖剣の刀鍛冶 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
三浦 勇雄 / メディアファクトリー
読了日:6月24日
とりあえず剣が折れまくる姿に噴いた。個人的にはもうちょっと先まで収録してくんないかなー、とか。起承転結の起くらいで終わったような読後感というかキャラやストーリーに魅力を感じられる場所まで物語が達していない印象を受けた。
XXXHOLiC 15 (KCデラックス)
CLAMP / 講談社
読了日:6月24日
ツバサ未読者にやさしくない展開すぎる。もう少しなんとかならないものか…総計42巻となれば、片方しか読んでない読者も多かろうに。お料理教室の話は普通によかった。
BAMBOO BLADE B 1 (ガンガンコミックス)
土塚 理弘, スタジオねこ / スクウェア・エニックス
読了日:6月25日
え、これ本当に土塚作画?絵柄ちげーーー!!!っていうのが気になりすぎて本編全然頭に入らなかった…ねこの存在感が高すぎる。物語自体はまだまだ導入っぽいけど小学生のケンちゃんの正体がとても気になります。
ヘタリア
日丸屋 秀和 / 幻冬舎コミックス
読了日:6月30日
再読。私ちびたりあ好きすぎる…あと倉庫整理とラストの宣戦布告?話。 初読時あまり楽しめなかったのですが友人から「コミックス版は漫画の順番が微妙だからWebサイトで読んだ方が良い」と指摘され、Webサイトで読んだら確かにあちらの方が判り易かった。コミック版は本編の間に小ネタ・国紹介挟んだり、本来掲載されてた漫画削ったりしてる所為でちょっとテンポ悪くなってる気が。2巻のほうが手軽に楽しめる感じ。
ヘタリア 2—Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA)
日丸屋 秀和 / 幻冬舎
読了日:6月30日
冒頭の学園漫画のオチでとてもほのぼのした。枢軸トリオ可愛いなあ。キャラ数多くて一部メインキャラ除いて出番が均等に少ないからなかなかキャラを把握できなかったりするのが個人的には辛かったかも。スイスとポーランドの見分けつかないの自分だけじゃないと思いたい。つか主人公よりも圧倒的にイギリスアメリカ日本率高かったような気がw
となりのメガネ君。
ふじもと ゆうき / 白泉社
読了日:6月30日
血の繋がらない兄弟であまずっぱいギャップ萌え…!!!このひとの作品は、ほんと読んでてキュンキュンする。二人とも可愛かった!!
となりのメガネ君。 (02)
ふじもと ゆうき / 白泉社
読了日:6月30日
青慈の初恋話やばいとか思ってたら、最終話の美波くんのあのセリフで私のキュンキュンが爆発した。わたしちょっとあれはほんとにキュン死する勢いだった。
eensy-weensyモンスター 1 (1) (花とゆめCOMICS)
津田 雅美 / 白泉社
読了日:6月30日
非凡な人々に囲まれた「平凡」な主人公と王子様な男の子のすれ違い恋愛?話。二人のすれ違いっぷりが激しすぎて色々とおかしいwwページごとに二人の視点が入れ替わったりするの面白いな?
eensy-weensyモンスター 2(花とゆめCOMICS)
津田 雅美 / 白泉社
読了日:6月30日
うわあああ、2巻に入った途端なんというキュンキュン漫画ですかこれは!うわあああ二人とも可愛い!キュンキュンする!!葉月が恋を自覚したシーンの演出が無駄に壮大すぎて噴いた。

こちらの記事もオススメ

  • 2月に読んだ本は19冊でした。 2009年2月のページアクセストップ4 とらドラ9!(⇒感想)ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!(⇒感想) とら...
  • 9月に読んだ本は感想書いてないもの含め18冊でした。 2009年10月に読んで面白かった本死神姫の再婚孤高なる悪食大公(⇒感想)アンゲルゼ永遠の君に誓う(⇒感想...
  • 9月に読んだ本は感想書いてないもの含め15冊でした。 っていうか、9月の新刊4冊しか読んでない! ?やべえ/ 欲を言えば、この期間にもうちょっとまとめて本を読ん...
  • 12月に読んだ本は18冊でした。冬コミ前は毎回消耗するので少なめです…。 ていうか、せめて12月の新刊は今年中に片付けて、1?2冊でも1月の新刊に取り掛かるつも...
  • 4月に読んだ本は5冊でした。再読含むと7冊。 すっかりラノベを定期的に読む癖そのものが抜けかけているというこの事実だよ…… あと、初読当初色々アレな感想を書いて...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません