« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

メイド刑事9

[著]早見 裕司 [絵]はいむらきよたか

いつになく取り乱した梶が海堂家にもたらしたのは、葵がかつて所属していた清瀬のレディースが何者かに襲われ、壊滅したという知らせだった…!その事件を皮切りに、彼女の身近にいる人間が次々と狙われていく。犯人の目的は、葵と貴美香を戦わせる事で……
   個人的お気に入り度数
黒須姉妹との対立が激化する中、清瀬のチーム壊滅から始まって葵の周囲の人々に次々と魔手が伸びていく…というシリーズ完結編。

大切な人たちが傷ついていくのに何もすることができない葵の姿がなんとももどかしい。とくに、ルカの危機は巻頭カラーで示唆されている出来事だったので「ルカ、にげてにげてー!!!」と叫びたくなったり。朝倉老人の大活躍はもうちょっとじっくり見たかった気がしますが。メイド刑事と背中合わせに戦う姿がかっこいいよ朝倉老人!7巻の「執事探偵」にニヤニヤしてた私ですが、普通にメイド刑事ならぬ「執事刑事」ができたんじゃないですか朝倉老人!!外伝としてどっかでやらないものかしら。

そして貴美香…真奈香が始末された時点でこの結末も半ば予想できるとはいえ、葵と貴美香の仇敵コンビで善香に…という展開もみてみたかった気がする。

後半は、ひとしきり直接攻撃した後は海堂が政治的に陥れられて…とますます追い詰められていく葵達。しかも、彼女を追っていくうちにとんでもない陰謀にぶちあたって…という展開。書斎での葵と海堂のやりとりが唯一の息抜きと言うか、真顔で口説き文句連発な御主人様にとてもきゅんきゅんします。動揺してる葵がまた可愛いなあ!!あと、窓際族と思わせておいて……な狭間警部の大活躍にニヤニヤする。

ラストはなんか、突然ファンタジー(違)な展開になっちゃって「!!???」だったけど、シリーズすべてを通しての熱い展開は健在だったのでこれはこれでアリ…なのかな。個人的には結局ニキータさんの正体はなんだったんだろうとかとても気になるので、執事刑事と合わせて番外編で1本出してほしい気がする。

最後の展開を読んで
葵「わたくしと御主人様の冒険はこれからでございます!」
とか言いたくなったのは私だけでいいです。

こちらの記事もオススメ

  • メイド刑事(デカ) 発売:2006.4発行:ソフトバンククリエイティブ[著]早見 裕司 [絵]はいむら きよたか 色々なところで言われてて今更同じこと言うのもな...
  • [著]早見 裕司 [絵]はいむら きよたか 突然海堂のお屋敷に現れた男は、さくら夫人に料理対決を申し込んだ。彼は、両親が破滅したのはさくら夫人が過去に取ったとあ...
  • [著]早見 裕司 [絵]はいむら きよたか 「メイド刑事」として、海堂から申し付けられた仕事はとあるノンフィクション作家の身辺警護。母親が悪徳リフォーム業者に騙...
  • メイド刑事(デカ) 2 発売:2006.7発行:ソフトバンククリエイティブ[著]早見 裕司 [絵]はいむら きよたか 「スケバン刑事+家政婦は見た+水戸黄門」な...
  • [著]早見 裕司 [絵]はいむら きよたか 海堂から殺人事件の捜査の助手を依頼された葵。海堂は「翌朝までに、極秘裏に犯人を突き止めてほしい」という。さらに探偵役...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません