« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

死神姫の再婚 孤高なる悪食大公

[著]小野上 明夜  [絵]岸田 メル

年が明け―カシュヴァーンはアリシアの誕生日のために、図書館創設を進行中!最近の暴君夫は愛妻の薬指に興味津々だったり、愛妻が大好きな幻の奇書『雨悪』の作者を屋敷に招待しようと目論んだりと、とにかく騒々しい有様。そこに究極の邪摩者…怪物・ゼオルディスが現れた!自由気侭な逗留はカシュヴァーンを苛立たせ、アリシアに入れ知恵まで…。悪夢のような日々はある日“悪食大公”ガーゼット侯爵の異彩かつ奇妙な訪れにより、無事落着したかに思えたが―!?曲者だらけ、夫婦の『特別』な第7弾。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

カシュヴァーンかわいいよカシュヴァーン!!!(ゴロゴロゴロ)

というわけで、巻を追う毎に作品の糖度が上がっていくという噂の「死神姫」シリーズ最新刊。徐々にイチャイチャ行為がレベルアップしてる雰囲気があるライセン夫妻のやりとりに、今回もゴロゴロゴロゴロと転がされました。「おなか痛い」という名言も含め、本当に素晴らしい床掃除小説。本線では不気味な動きを見せる<翼の祈り>教団に対してカシュヴァーン達が動き始めたり……とかなり大きな動きはあったんですけどそれがどうでもよくなるくらいの各カップルのイチャつきっぷりにニヤニヤが止まりません!!!

特に段々大胆に、自分の欲望に素直になっていくカシュヴァーン、どんだけかわいいんだ。だんだんこの人、行動がお子様化してる気がするんですが気のせいですか!!!段々大人の分別もなくなってヤキモチ焼きまくる旦那様可愛すぎる。特に膝枕云々のやりとりがたまらない。お互いに気付かれないようにプレゼントをしようと画策したり、なんかもうこの夫婦はどこまで私をキュンキュンさせるつもりなんだ…!!特に今回はイチャイチャパート以外でのカシュヴァーンがかっこよかったから、アリシアと二人きりの時のギャップの激しさに萌えたのかも。特にラストのカシュヴァーンがガーゼット侯爵に対して見せた行動には、思わずドキドキしてしまいました。

その他にも、すっかりティルナードへの好意を隠そうとしないノーラとか、ジェダとルアークのぎこちない「兄弟」具合とか、もう本当に、各コンビ・カップルのやりとりが微笑ましくて可愛くて仕方ありません。もうこの人達見守ってるだけでおなか一杯だよ……なんでこの人達こんなに可愛いんだ……

ゼオルディスや教団がいよいよ不穏な動きを見せ始めたり、ディネロの様子がおかしかったり…といよいよ物語本線も盛り上がってきた感じがしますが、これからもどんどんレベルアップしていく「おなか痛い」夫婦のやりとり盛りだくさんでお願いします…!!ああもう本当に、続きを読むのが楽しみ。



そういえば、池袋のアニメイトで行われたサイン会に行ってきたのですが、サイン会のオマケ(?)で配布されていた書き下ろしペーパーの内容もやばかったです。カシュヴァーンのヘタレっぷりにキュンキュンせざるをえない。

こちらの記事もオススメ