« 6月 2017 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009年に読んだ本まとめ その2【腐女子向け】


今年もやってきました!801的ライトノベルベストアワード2009!
?「超」個人的腐女子向け萌えシーンベスト5!!?


というわけで、腐女子的に萌えたライトノベルのまとめです。
今年もひたすらマニアックに、腐女子の皆さんに向けて新しい世界を提供……
……とかいいつつ、すいません今年は割と結果が面白く無いです予想とおりすぎてすいません。

【選考基準】
 ・2009年中に当ブログで感想の書かれた作品
 ・腐女子向布教エントリでもあるため、女性向けレーベル・少女文庫モノは一切除外(※マとか彩雲国とか)
 ・それ以外のレーベルでも出来るだけ女性向読者高そうな作品は除外(※ハルヒとか西尾系とか…)

それでは、覚悟の出来た人のみどうぞー。


第五位:生徒会の月末 碧陽学園生徒会黙示録2 ⇒感想
 「今流行のボーイズラブ」度:☆☆☆☆★ 杉崎鍵のツンデレ度:☆☆☆☆☆☆

「残念だけど……すっげえ認めたくないけど、俺の基準では今日のナンバーワン美少女決めるなら、間違いなくコイツ……」
そう言って、ぐいっと、ボクは頭を引き寄せられ、杉崎君の胸板に押し付けられる。
「コイツだよ。俺は、アンタらなんかよりは、コイツを今、笑顔にしてやりたい」

 
調べてみたら、2009年中に「四散」「五彩」「六花」「月末」「七光」と5冊も出ていた生徒会シリーズ。こんなに出ても、ある意味語る場所多すぎて困りますからっ!!!「六花」が杉崎度薄かったのが唯一の救い……なのか?

というわけで、ピックアップしたのは短編集「月末」から杉崎鍵のクラスメイト・中目黒の視点から語られる「2年B組の下心」。可愛い女の子達に囲まれた中で杉崎が選んだのはよりによって同性の中目黒だった…!?というお話。基本、彼は男子キャラに対して90%ツンなので希少なデレが覗ける一瞬でした。個人的には守をいじり倒す鍵の姿を描く「杉崎鍵の放課後」も良い。守と鍵って良い悪友コンビだと思うのですが、如何でしょう?

しかし、個人的にはうまく場面を抜けなかったのが残念すぎるのが「四散」エピローグなんだよなあ…枯野×鍵といってみますはぁはぁ。アニメから「生徒会の一存」シリーズにハマった腐女子は、マジで「企業編」の為に原作をよんで欲しい。
特に3巻以降の「企業編」は杉崎萌えのためだけに存在するといっても過言では。
あの思わせぶりのプロローグ・エピローグはすべて杉崎に萌えるために存在するんだぜ…!!


第四位:さよならピアノソナタ encore pieces ⇒感想
 本気度:☆☆☆☆★ 杉井光の可愛い男の子は全員攻だよ度:☆☆☆☆☆

直巳たちと一緒にやるのはどれくらいぶりだろう。熱っぽい悦びがこみ上げてくる。フェケテリコの演ったイーグルスも、前に直巳に聴かせてもらった。直巳がメインヴォーカルをとるやつだ。真冬のギターのむせび泣きが、直巳の声のいとけなさをいっそう切なく引き立てるのだ。
今、ユーリがかわりに直巳を泣かせる。そう思うと、手の中でストラトが火照るように感じられる。

 
2008年度にもランクインしましたが、「さよならピアノソナタ」が再びランクイン。4巻で主人公(♂)とベッドインしたユーリ(♂)をメインに据えた短編「ステレオフォニックの恋」が凄かった。ずっと好きだった女の子・真冬とその真冬が選んだ少年・直巳の二人が好きなあまり自分の“音”を見失うユーリの葛藤が描かれるのですが……とても表現が、えろいです。杉井光は恥ずかしがらずに「泣かせる」じゃなくて「啼かせる」って表記したらいいです。

真冬と同じように、直巳を想っているのに。
直巳と同じように、真冬を想っているのに。


そしてガチだったのかよユーリ!!!(叫)
それにしても2009年は「ばけらの!」の鴻池ジンに始まり、「さくらファミリア」のヨハネが続いて……本当になにがあったのとツッコミたくなるほど杉井光作品がBL的に美味しい年でした。「ばけらの!」はジンきゅん×ヒカル、「さくらファミリア!」はヨハネ×祐太、「さよならピアノソナタ」はユーリ×直巳、「神様のメモ帳」は四代目周辺が美味しいです(3巻はナルミ×四代目でイイと思う。)。あと「剣の女王と烙印の仔」のクリスは総受ですよねわかります。


第三位:本日の騎士ミロク3 ⇒感想
 本気度:☆★★★★ むしろ作者に萌えるよ度:☆☆☆☆☆☆

「言いたくないなら、再現してあげましょうか?」
長い腕がミロクの肩を掴む。もっと抵抗するのかと思いきや、ミロクは抵抗しなかった。震えるわけでもなく、トーラットに抱きしめられても何もしてこない。
「あ……」
ミロクの潤んだ瞳が、トーラットの乾いた瞳とぶつかる。拒絶されたら、やめるつもりでいた。だけど?? 彼の寂しそうな目を見ると、身体が疼く。

 
2009年はじまった期待の新シリーズ「本日の騎士ミロク」………のあとがき。まあぶっちゃけ幻想ネタなわけですが、むしろ特筆すべきはその後の作者コメントでありました。

うおおおお、もう限界だ!家中の資料を集めて勉強したが、これ以上は無理だ!勘弁してくれ!
前日の夜に「ごめーん、言い忘れてたけどあとがきの〆切り明日の昼なんだー、アハハ」とか呑気に言い放った担当様のせいで、全力でBL成分を吸収したけど、もうダメ!

……すいません、このあとがきで展開されたミロクとトーラットとビスマルク隊長のらしくもないBL展開にも萌えたのですが、正直このコメントの破壊力にはかないませんでしたどうかんがえても最萌え大賞は田口先生御本人。

ちなみに「本日の騎士ミロク」は個人的に、田口作品の中では最も腐女子方面にオススメなラノベとなっておりますので、普通に読んでみて欲しい一作です。まだまだ敵対勢力も色々出そうな気配ですし、カップリング妄想の余地は大きいと思うんです。あと個人的にミロクは受だとおもいますこういう正統派な受けっこじゃなくて普通に生意気受だと良いと思います。


第二位:バカとテストと召喚獣6 ⇒感想
 本気度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 明久は鈍感王選手件出場枠確定度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「待つんだ。それ以上吉井君を苛めるのなら、僕が相手になろう」
するとそこに一筋の光明が見えた。あれは……Aクラス次席の久保利光君!?違うクラスなのに助けてくれるなんて、なんていい人なんだろう!
「ありがとう久保君!助かるよ!」
「気にしないでいいよ吉井君。君のことは僕が守るよ??いつまでも」
いや、別に今だけでいいんだけど……。

 
もうだめだバカテス6?7の3冊から1シーンだけ抜けとか無理すぎる!!!
せっかくのアニメ化記念なので、いっそ2枠で語らせてくださいもう枠が足りないんだよウワアアアアン!!

というわけで、1シーン目はバカテスが誇るガチホモキャラ・久保利光のシーン。クリスマスPVを見た限り、アニメ版の久保くんは結構違う扱いになってる気がしますが、原作の久保くんはこれだけ猛烈に明久にアタックしてるのに、1ミリも気づいてもらえないというすごいすれ違い具合。告白紛いのセリフを吐き、歯の浮くようなセリフを量産し、時に実力行使にでようと頑張っているのにも関わらず明久に「久保君って良い人だね」といわれてしまう姿はなんだか最早哀れになってしまう一幕も……(明久そのものは、どちらかというともしそうだとしても認めたくないという意識が相当あるようですが……)

アニメでは準レギュラー昇格も噂される彼のアニメでの活躍に期待したいところです。とりあえずちょっとだけでも報われるとイイよね、という意味で。


第一位:バカとテストと召喚獣7 ⇒感想
 悪友萌え度:☆☆☆☆☆ 言葉は要らない度:☆☆☆☆☆

「「「……はぁ?」」」
僕の台詞に、周りの皆が『コイツは何を言っているんだ?』といった顔をする。そんな中、雄二はいち早く僕の提案の意図に気が付き、真っ直ぐに僕の目を見返してきた。
「……いけるのか?」
問いかけるというよりは、確認するような雄二の言葉。
いけるのかも何も、
「やるしかないじゃないか。この勝負、負けられないんでしょ?」

 
バカテスである意味裏公式カップリングといっても過言ではないような気がしなくもない雄二&明久コンビのやりとり……なんですが、この2人のやりとりって色々な意味で言葉じゃない、ここに流れる空気を感じろ!!!な上、大体が原作の核心ネタバレと直結するので場面を抜き出すのが難しい……ていうかもういっそ、7巻のカラーページをスキャンして載せればいいんじゃないかという説が……

というわけで、良い意味で「意志の疎通に言葉は要らない」二人のやりとり。その後に続く言葉が、カラーページのあの台詞とちょうどポジションが逆転状態になっているのがまたニヤリ。普段のおちゃらけてる時の仲の悪さとは裏腹に、二人の気持ちが一致した時のシンクロ具合は本当に目を見張る程の燃えがあると思います。とりあえず、アニメから入って原作未読な人は1話でのデコボコしたやりとりを考えつつこの台詞を読むべし。

…しかし、そろそろ「バカテス」はここで取り上げるの、反則になりそうですよね……



【その他、入れようか入れまいか悩んだ作品群】
なんか全体的に、最近のラノベは総受っぽい主人公が増えた気が……女×男シチュエーションで取り上げるのはなんか反則、みたいな気分になってきて結構削る葉目になりました。というか、上位4作品が私の中ですごすぎて他はあまり出てこなかったというか…

 ・ベン・トー4 花火ちらし寿司305円 … 白粉は既に腐女子じゃない別種の何かだと思うんだ
 ・ラノベ部3 … 綾先輩の腐女子ネタは美味しいのですがあまりにも百合のイメージのほうが強い…
 ・H+P?ひめぱら?3 … 恭太郎の女装は素晴らしかったけど読んだ人からウィルスメール飛んできそうな気がした。


→2009年の普通のまとめはコチラ

こちらの記事もオススメ

  • 輝け!801的ライトノベルベストアワード2007! ?「超」個人的腐女子向け萌えシーンベスト5!!? ↑タイトルが長くなるので本文1行目に書いてみた(…) 20...
  • 今年もやってきました!801的ライトノベルベストアワード2008! ?「超」個人的腐女子向け萌えシーンベスト5!!? というわけで、パート2は大方の予想通り腐女...
  • 遅まきながら年末はコミケお疲れ様でした。 ちょっと遅くなりましたが2009年の年間まとめ記事です。 2009年の読了冊数 2009年 1月:18冊 [まとめ] ...
  • 新年明けたら公開しようと思ってたけど皆年内に公開してるからまあいいやということで、あと1時間ほどで新年です。 さまざまな事があった2008年でしたが、2009年...
  • あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 去年は萌えの勢い余ってバカテス本まで出してしまった当ブログとしましては、巫女姿の秀吉でも描かね...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません