« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

天使から百年 魔人と主人と廃棄物

[著]野梨原 花南  [絵]ここのか

「あたしはカイの魔人で力。あなたの敵は、あたしがやっつける」魔人・フジシロユイカは、カイに笑ってそう告げた。「今すぐ理解して欲しいのは、あたしは、あなたのものだってこと」この世界にはロードリーという、敵がいる。異形の彼らに対抗する適性が認められ、ターヴィス学院に強制入学させられた、英雄の末裔の少女・カイ。戦うために、彼女は別の世界の魔人と契約した。光と共に現れた自分の魔人を見て、カイは思う。人を殺す敵に立ち向かうなんて、こわい。本当は逃げたい。ここよりマシなどこかへ行きたい。でも、できることがあるなら。―それをやるしかない。これは、世界に立ち向かう方法が見つからない、少女たちの物語。(「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

異形の存在「ロードリー」に対する適正のあると判断された人間たちを半ば強制的に生徒とし、それに立ち向かわせるため設立されたターヴィス学院に入学する羽目になったかつての英雄の子孫・カイ。入学式の日に突如現れたロードリーに立ち向かったところ、魔人を名乗る少女が現れて……というお話。

戦う事を忌憚し、自らを恥ずかしい目にあわせる(※戦闘シーンがとてもエロい)魔人「フジシロユイカ」に対して警戒と拒絶心丸出しなカイが少しずつ1人の少女としての「藤代唯香」に触れ、仲良くなっていく様子にとてもニヤニヤする。全体的に重苦しいものの漂う世界観の中、女の子二人ならではのキャッキャウフフなふれあいが一筋の清涼剤でした。

また、魔人システムの初成功例として常にロードリーと最前線で戦わなければいけないという過酷な運命を背負わせてしまった二人に対して、少しでも彼女達の負担が軽減されるようとする周囲の人たちの心遣いが温かい。特に同級生のジャンセンが微笑ましいのなんの。ユイカとの初対面でのヘタレ全開なやりとりには爆笑しましたが、ヘタレで役立たずながらも少しでも二人の役に立とうと奮闘する姿に心温かくなりました。

しかし、終盤の展開が些か急激すぎて、正直何がおきているのかさっぱりわからなかった……ユイカの住んでいる世界(=現実の日本?)に飛ばされた時は一瞬本気で何が起きたのか解らず。そして突然全ての始まりである時代の話に回想でぶっとんで……次巻はタイトル的にそのまま過去話なのか?うーん……とりあえず、次の巻で色々解らずモヤモヤしっぱなしなのが解消されるといいなあ。

それにしても、ユイカの戦闘シーンがエロい。
カイのキメ台詞(?)である「お帰しして」という言葉の上品さと、実際やってくる攻撃のエロさ・ユイカ側の台詞の下品さのギャップがさりげなく美味しいですね!

こちらの記事もオススメ

  • え、うそ、あと1冊で終わり?カイのキャラかわってね!?とちょっと理解が追いつかなかった印象が……うーん。読み終わってみたら目まぐるしい物語の展開おいといてカイと...
  • 眠いと評判だった古典の時間に、実はクラス全員で異世界に飛ばされて意識のないまま「マリオラ」と呼ばれて魔物を退治していた。そんな中で異世界の人達の思惑により意識を...
  • 天空のアルカミレス 2発売:2006.7発行:メディアワークス[著]三上 延 [絵]純 珪一 全体的にイマイチ盛り上がりに欠ける気がするのですが、シリーズものの...
  • 天空のアルカミレス 発売:2006.4発行:メディアワークス[著]三上 延 [絵]純 珪一 「シャドウテイカー」の三上さんの新シリーズ。 シャドウテイカーはどち...
  • [著]雨木 シュウスケ[絵]椋本 夏夜  前半は面白いと思うのですが、後半どうしてこの作品、こんなに展開のテンポが悪いんだろ…? 前半は一気に電車やバ...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません