« 3月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

魔王城五限目

[著]田口 仙年堂  [絵]鉄雄

魔王の遺児、歩く災厄―魔人。そう呼ばれる子供たちを守るため、「魔王」となることを決意したエイゴ。国王に直談判するため王都に向かって進軍を開始するが、その行く手には、義勇軍と正規軍の大部隊が待ちかまえていた。一方、王都で二十年前の魔王戦争について調べるハイナートとギビングは、その過程で、英雄のある秘密を知ってしまい―。過去の魔王の想い、英雄の願いと罪。すべてを知った魔王エイゴが選ぶ道とは!?好評シリーズ、感動の大団円。(「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

魔王城シリーズ完結編。「魔人」の子供たちを守るため自ら「魔王」を名乗ったエイゴが、子供たちの居場所を作る為、国王の元を目指す……というお話。

エイゴたちの戦いが佳境に入るのと同時に、20年前の魔王と英雄の事情が明かされるんだけど、エイゴと同じように迫害される魔人達の為に立ち上がった心優しき「魔王」と彼を倒さなければならならず、その後良かれと思った行動が思わぬ結果を生んでしまった悲しき「英雄」の姿に胸が痛くなりました。エイゴ達の事情にしても、お互いにちょっとずつすれ違った結果が大きな悲しみを生んでしまったというのがやりきれない。

「英雄」を慕うあまりに取り返しのつかない過ちをおかしてしまったハイナートの最期に同情する気は起きないけど、最後に少しでも報いがあったことにほっとした。「吉永さん家」でもそうだったけど、本当にこの人の作品には「悪人」が居なくて、誰も彼も憎みきれないなあ。

エピローグはもう、エイゴの「ただいま」と思い思いの未来を得た子供たちの姿だけで感無量すぎるんだけど、最後の「魔王」エイゴの台詞に震えた。世界はそう簡単に変わらないけど、彼等の想いが結実したような幸せなエピローグに胸が熱くなった。

「俺は魔王だ。君を魔王城まで連れ去りに来た」


最高の物語を、本当にありがとうございました。




以下やや腐向け感想↓
今回は正直後書きも壮絶に破壊力高くて、ラストの1Pには思わず涙ぐんだりしてしまったのですが、各キャラの後日談が非常にやばかった!!

伯爵のその後やべええええええええええええ!!!!!
これは、憎まれ口叩き合う腐れ縁やら俺様に見えて実は苦労症キャラが大好きな私への挑戦状ですか!!エイゴと伯爵のじゃれ合いを妄想するだけでご飯10杯いけます。エイゴが他所の街に魔人拾い(違)しにいってるあいだにしょぼくれてる伯爵可愛いよ伯爵マジ可愛いよ!!!後日談のスピンオフ外伝化はまだですかとりあえず伯爵メインで1本書いたらいいとおもうんですマジそれやるべきだとおもうんです!!!

こちらの記事もオススメ

  • ふおおおおおおおおおエイゴおおおおおおお!!!!!!! 絶大な魔力を持ち「魔人」と恐れられる子供達と、彼らの「先生」としてやってきた軍人の青年の心の触れ合いを描...
  • 絶大な魔力を持ち「魔人」と恐れられる子供達と、彼らの「先生」としてやってきた軍人の青年の心の触れ合いを描くファンタジー第3巻。前巻の終盤辺りから不穏なフラグがび...
  • [著]田口 仙年堂 [絵]朝未 “魔人”の子供たちの教師となったエイゴは、彼らと町の人々が少しでも理解し合うために、彼らが人の中で生きていくことが出来るように「...
  • 「吉永さん家のガーゴイル」の田口仙年堂さんの新シリーズ。家族を"魔人"の暴走によって失い、軍人となった熱血直情型の青年が"魔人"の子供たちと出会うというお話で、...
  • あとがきやべええええええええええ!!!!! もう本編にも色々言いたいことがあったんだけど、全部あの「あとがき」で吹っ飛んだ感が!!まさかのビスマルク+トーラット...