« 6月 2017 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010年上半期ライトノベルサイト杯投票します。

ラノサイ杯に投票します。既存:新規で6:4です。
今期はとにかく読了数が少なかったのと、新シリーズ開拓が少なかったのでこんな形になりました。
しかし5/10がファミ通文庫って……なんというファミ通無双……

■ 2010年上半期ライトノベルサイト杯 開催のお知らせ(平和の温故知新さん)
↑詳しいルールや投票の仕方等はこちらから↑


タイトル横の「感想」リンクをクリックで当サイト内の感想ページに、書影クリックでAmazonの商品ページに飛びます。
また、基本的にオススメ度の高い順に並んでいます。
既存と新規部門で記述方法が若干違うのは、空色パンデミックが発掘できなかった仕様です。

既存部門

■ 魔王城4限目(⇒感想

7月に完結した「魔王城」シリーズの4巻目。最終巻も物凄く面白かったけど、面白さに拍車がかかったのはこの4巻からだったように思えます。魔人の子供たちの為に自ら「魔王」となる事を決意した普通の人間・エイゴと、彼を慕う心優しき魔人の子供たちの姿に胸が熱くなった。ストーリー展開も素晴らしいんだけど、エイゴと子供たちが「人間」達に立ち向かう事を決めた時の挿絵がまた素晴らしくて……文句なしに今期イチオシのシリーズでした。超オススメ!!

「お前たちを迷わせる余計な罪は、すべて俺が引き受ける」
【10上期ラノベ投票/既存/9784047263161】
amazon.co.jp
 

■ ラ・のべつまくなし2 ブンガクくんと腐たご星(⇒感想

2010年上半期の個人的床掃除部門大賞。カタブツの文学青年・ブンガク君とイマドキ腐女子な明日葉の初々しく可愛らしいお付き合いの様子もさることながら、ブンガク君の親友であり編集者志望の圭介の間に存在する親友関係がヤバイ超やばい。明日葉じゃなくてもカップリング萌えしたくなるってものです。ラノベ作家を主題にした作品といっても至極正当派なラブコメとして仕上がっていて、少女小説好きな女の子にもオススメしたい一作です。

だから、謝ります。 この心に渦巻く欲望で、あなたもすこしだけ……汚させてください
【10上期ラノベ投票/既存/9784094511901】
amazon.co.jp
 

■ ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!4・5(⇒感想:Disc4/Disc5

「もしもギャルゲーのヒロイン達が現実世界に現れちゃったら?」なシリーズ4作目。3巻がちょっと……で暫く積んでいたのですが、それを後悔するほど4巻目が面白かった!!「エターナルイノセンス」の本来の主人公・正樹の登場をきっかけにこれまで全然焦点の当たってこなかった男子キャラたちに一気に焦点が当たるようになり、(個人的に)物凄く面白くなってきました。とりあえず敬遠してた女性ラノベ読みの皆さんはなんとかして3巻までを乗り越えて4巻読むべき。正樹と武紀の友情具合にキュンキュンしようぜ!!!

すでに存在しない好敵手親友に届くように願う。「言われるまでも、ねえよ。親友……」
【10上期ラノベ投票/既存/9784047262881】
amazon.co.jp
 

■ バカとテストと召喚獣7.5(⇒感想

アニメ化ひゃっほう!で今年半分私を思う存分転がしてくれたバカテス短編集3冊目。姫路さんの変態という名の淑女化が甚だしい「僕とダウトと男の尊厳」をはじめ、いつものノリの短編も素晴らしかったけど、明久の優しさが垣間見える美波の過去編「ウチと日本と知らない言葉」が本当に素晴らしかったです。本編も良いのですが明久と雄二の初邂逅と結成されたばかりのF組バカルテットの様子がやばすぎましたすいませんごめんなさい入学式から2週間の間に、雄二になにがあったんだあああああ!!!!!(じったんばったん)

「俺も知り合ったばかりで、まだあまりよくわかっていないんだが——あのバカ、結構面白いやつかもしれないぞ」
【10上期ラノベ投票/既存/9784047263130】
amazon.co.jp
 

■ 魔王様げ?む!2回戦(⇒感想

魔王の力で女の子にされ、魔王城のメイドとして働く羽目になってしまった元勇者・レモンと女の子にひたすら目が無い魔王・ディンゴと魔王城のメイドの皆さんが巻き起こすコメディ。とにかく美少女に対して歪みないディンゴと、かつての不遇な境遇も相俟って少しずつ周囲に感化されてしまう自分を自覚しながらもどうしても「元・男」としての自分を見失えないレモンの絶妙なボーダー具合がとても好きです。変態として歪み無いのに時々イケメン具合を発揮するディンゴは反則だ!!あと可愛いのにちゃんと男捨ててないレモンとのやりとりが微妙に時々BLっぽくて萌える!!

「ああ、存分に後悔させてくれ。…………やれるものならな」
【10上期ラノベ投票/既存/9784059035459】
amazon.co.jp
 

■ GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン3上(⇒感想

ぶあついせいでどんどん他人に薦めづらくなっていく「境ホラ」シリーズ3巻上。ページ数も酷いけど、とにかくどこまでもどこまでも増えていくキャラのインフレが快感になってきたらあなたも今日から川上信者!!すいません私そこまで悟りきれてません!!3上はトーリの私物整理の一幕とか義経可愛いよ義経とかストーカー眼鏡最高とか色々大ボリュームな1冊でしたが、やはり誰がなんといおうと最大のインパクトは終盤の全裸対決であろうと。何気にP.A.ODA男子萌えとカーチャン無双が著しかった3中も凄かったですが、とりあえず全裸対決のカオスっぷりに勝るインパクトはございません。このインパクトだけで1票入れるよ私!!

「言っておくが、全裸ネタは朕のものだ。——何故なら朕は、“太陽王”だからね
【10上期ラノベ投票/既存/9784048686006】
amazon.co.jp
 

次点:「いつか天魔の黒ウサギ 紅月光の生徒会室1」「レイセン File1:巫女とヒキコと闇少女
最後までツンデレを取るか、全裸を取るかの争いでした。レイセンは新規扱いだったら入れたかな…。

新規部門

■ 空色パンデミック(⇒感想

「空想病」という病気を患う少女と普通の少年が出会うボーイミーツガール。何の力も持たない少女のいたいけな『空想』が世界の全てを書き換えて行く後半以降の展開がとにかく凄かった。現実が侵食されていく様、どこから空想でどこまでが現実なのか揺らいでいく感覚が凄かったです。そして最終ページが本編

【10上期ラノベ投票/新規/9784047262874】
amazon.co.jp
 

■ 東京レイヴンズ(⇒感想

陰陽師とその子孫たちが活躍する「現代」を舞台にした陰陽ファンタジー。現代異能バトルものな一面も十分面白かったのですが、やはりなんといっても面白かったのが主人公・春虎を取り巻く人間関係。特に悪友である冬児との以心伝心な関係にニヤニヤが止まりませんでした!!物語自体ははじまったばかり、という印象なので2巻以降が楽しみ。

【10上期ラノベ投票/新規/9784829135198】
amazon.co.jp
 

■ ココロコネクト ヒトランダム(⇒感想

仲良し5人組が頻繁にお互いの身体と人格が入れ替わってしまうようになって……というお話。事件の大元を解決するでもなく、5人がお互いに持つ「悩み」を根っこから解決してしまうでもなく、それでも5人がそれぞれの悩みや欠点を受け入れてちょっとだけ前に進んで終る……という感じがとてもよかったです。そして主人公は一級フラグ建築士。

【10上期ラノベ投票/新規/9784047262904】
amazon.co.jp
 

■ はるかかなたの年代記 双貌のスヴァローグ(⇒感想

ひょんなことから自分の身体にもう1人の人格<チョールト>を宿す事になってしまった少年が元に戻る方法を模索して国際教育機関に入り込み、そこで出会った人々と少しずつ成長していく…というお話。ユウとチョールトの2人で1人の関係も、天才型のカティア&努力型のアレットという対象的な二人のヒロイン級の少女たちとの関係も物凄く魅力的でした。個人的には、次巻では男友達であるクリスとの関係をもうちょっとクローズアップしてくれたら大喜びです。是非お願いします。

【10上期ラノベ投票/新規/9784086305549】
amazon.co.jp
 

次点:「B.A.D.1
こっちは「はるかかなた?」と「B.A.D.」の争いでした。BADはどちらかというと次巻への期待面という意味が強かったのではるかかなた?で。

今年のファミ通文庫新人作品はどれも強烈で、甲乙つけがたかったです……

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません