« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

踊る星降るレネシクル2

[著]裕時 悠示  [絵]たかやKi

「ゆさぶる。つきつける。なまづめ。じはくざい。どれがいい?」「待て、最後の物騒なコマンド二つはなんだ!?俺に黙秘権は!?」「カカセオにそんなもの無いわ!」学園を騒がすレネシクル強奪事件の容疑者として、レンヤは捜査官・七曜なななに逮捕されてしまう!なななは星柱候補でもあり、すまるとは犬猿の仲。しかも瑞貴を犯人として探しているという。瑞貴の潔白を証明するため、レンヤはなななに協力することになり!?捜査のため毎日べったりの二人にすまるのやきもちが大・爆・発!「師匠はわたしだけの師匠なの!」果たして真犯人の目的は?ハイテンション学園ストーリー第2弾。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

この作者の作品の「親友」ポジションなんでみんなほもなの?
いやなんというか改めて思った。乾君良いほも。

 すまると瑞貴で三角関係のままいくのかと思ったら順調にヒロインが増えてく上条さんパターンだった。というか、乾といい今回登場した彼といいハーレム体質男子しかいないの!?乾は相変わらず良いほもでしたが。

 「腐海流」の使用を禁止され実力が出せないところに、レネシクル強奪事件の主犯を行方知らずの瑞貴にかけられ、レンヤとすまるが勢いで事件の捜査の協力をする羽目に……というお話。 1巻では軽く触れられただけだった御三家のアレコレが見えてきて、見えてくると予想以上にキナ臭い実態が見えてくる。

 すれちがうレンヤ&すまる師弟とななな&小夜子がその一途な想いを利用されそうになりつつも、最終的にはお互いに本音をぶつけあって今まで以上に絆を深くしていく様子がアツかったです。あと、瑞貴さんマジ姉御。

 …それにしても、「すまる」とか「ななな」とか「もうふ」とかこの世界のヒロインたちはひどいネーミング子ばっかりで正直親の頭を心配するレベルだけど、さすがに「莫迦奈(バカな)」はないわとおもいました…学校で名前ネタで苛められるの確定すぎてやめてあげてよお!

こちらの記事もオススメ

  •  これまで割と最強キャラだった瑞貴の思わぬ姿が明らかになるシリーズ第3巻。  レンヤ達と出逢った記憶すらもなくした瑞貴が与えられた暖かい“夢”に逃げ込みそうにな...
  •  三星会の叛乱により、多くの犠牲を出すはめになってしまったミカホシ市。レンヤ達を救うため、瑞貴・すまる・そしてなななの三人はそれぞれのルートで救出に向かう。しか...
  • 過去の事件がトラウマとなり戦えなくなってしまった主人公が、かつての幼馴染を追いかけてやってきた街で落ちこぼれ少女の“師匠”を頼まれて……というお話。 傷つける事...
  • 「バカ野郎。カッコつけんじゃねえよ」 血まみれの頬をゆがめて、レンヤは笑う。 「いいじゃないか。これが俺の愛さ」 ま さ か の 親 友 回 。 いろいろ急展開...
  • 表紙の美少女……一体なにry  GA文庫マガジンで連載されていた中編とカオルのひみつに迫る書き下ろし短編を収録した番外編。パチレモンのカオルの回答がイケメンすぎ...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません