« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

踊る星降るレネシクル3

[著]裕時 悠示  [絵]たかやKi

サバイバルサマー。それは夏休みの最後を飾るランカー同士のバトルロイヤル。大会を前に盛り上がるミカホシ学園をよそに、レンヤは部屋のベッドに潜りこんできた全裸の幼女に頭を悩ませていた…。「むむっ?おまえはだれだ?」「お前こそ誰だよ!?」謎の幼女を守るため、レンヤはサバイバルサマーに参戦することに!?にわかに巻き起こる「連動レンヤ変態疑惑」に、すまるのやきもちがまたもや大・爆・発。「師匠のロリコンーっ!」激突する上位ランカーたち、この大会を制するのはいったい誰か?恋も闘いも加速するハイテンション学園ストーリー第3弾。レンヤとすまるの「あべし!」な短編も収録。(「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 これまで割と最強キャラだった瑞貴の思わぬ姿が明らかになるシリーズ第3巻。

 レンヤ達と出逢った記憶すらもなくした瑞貴が与えられた暖かい“夢”に逃げ込みそうになりながらもレンヤとの絆を思い出し、立ち上がる姿がとてもかっこよかった。割と拡張してるレンヤハーレムだけど、こういう物語を見るとやっぱりきっぱりはっきりと気持ちは瑞貴に向いてるんだよなあ。それにしてもあの奥義は間違いなくGガンダムの影響ですよね腐海の女王ェ!!!

 一方、いろいろな意味で空回ってる感すら感じるすまるなんだけど、これまでの物語を経て強くたくましく成長した彼女の姿が心強かった。レンヤじゃないけど、あの気の抜ける星降りソングでこんなに胸が熱くなるとは思わなかったよ!瑞貴という最大のライバルを脅威に思いながらもきちんと二人の関係を認め、その上で更に瑞貴を越えていこうと決意を新たにするすまるがかっこよかった。しかし正直彼女が修羅場的な意味で勝利できる可能性が全く見出せないのはどうしたらゲフンゲフンゲフン。

 それにしても、今回は色々な意味でほも要員もとい親友の乾闇鳴君が光り輝きすぎててまぶしかった!!実際ほも要員と言ってもまるで間違ってないから困る。サバイバルサマーでの気風のいい援護射撃っぷりにもニヤニヤしましたが、番外編の輝きっぷりがヤバすぎて腹筋つらい。

こちらの記事もオススメ

  • この作者の作品の「親友」ポジションなんでみんなほもなの? いやなんというか改めて思った。乾君良いほも。  すまると瑞貴で三角関係のままいくのかと思ったら順調にヒ...
  • 過去の事件がトラウマとなり戦えなくなってしまった主人公が、かつての幼馴染を追いかけてやってきた街で落ちこぼれ少女の“師匠”を頼まれて……というお話。 傷つける事...
  •  三星会の叛乱により、多くの犠牲を出すはめになってしまったミカホシ市。レンヤ達を救うため、瑞貴・すまる・そしてなななの三人はそれぞれのルートで救出に向かう。しか...
  • 「バカ野郎。カッコつけんじゃねえよ」 血まみれの頬をゆがめて、レンヤは笑う。 「いいじゃないか。これが俺の愛さ」 ま さ か の 親 友 回 。 いろいろ急展開...
  •  幼なじみの告白から一気に甘修羅ハーレム状態からガチ修羅場の様相を呈してきたシリーズ第5巻。……あんな引きで終ったけど、中身は各ヒロインの1人1人に焦点を当てた...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません