« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

きみがいるなら世界の果てでも

[著]榎田 尤利  [絵]円陣 闇丸

俺のせいで東海林がダメになっちゃう!?ルコちゃんという愛称で人気上昇中のマンガ家・二木は、恋人同士となった今も変わらず、いっさいの面倒を東海林に見てもらっていた。お互いそれで良いと思っていたはずの関係だったが、次々と東海林にアクシデントが起きる。さらに高校時代、二木の世話を焼いていた男・甘利が現われ…。きみがいなけりゃ息もできない―そんな二人の行き着く先は?マンガ家シリーズ最終巻!オール書き下ろし。(「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 「マンガ家シリーズ」最終巻。漫画家仲間の律から「東海林に負担をかけすぎ」と指摘されて以来、自立しようと頑張る二木だったが思いは空回りするばかり。挙句、東海林に怪我をさせてしまって落ち込む彼の前に高校時代に世話を焼いてくれていた先輩があらわれて……というお話。

 この人たち、お互いがいないと本当に何もできないんだなあ…!!二木の人間としての破綻ぶりも前巻以上でしたが、二木を失った東海林が予想以上に何も出来ない人すぎてふきだす。普段のしっかり者ぶりのイメージが強いだけに終盤の破綻ぶりには吹くしかない。

 高校時代に二木の世話を何かと焼いていた先輩・甘利との三角関係(?)が中心なんだけどまさかああいう展開になるとは思ってませんでした……予想以上に重い展開に愕然としたけどオチを聞いてある意味納得というか、「嫌な奴」というイメージしかなかった甘利のイメージが一気に「かわいそうな残念な人」に変更された瞬間でした。先輩頑張れ超頑張れでも悪い事いわないから二木は諦めろ。

 「マンガ家」シリーズ主人公総出演で、それぞれのスタンスを語ってくれたのも面白かったです。第二作だけ後回しにしてこれ先に読んじゃったんだけど、これは全部読んでから手を出すべきだったなあ。

こちらの記事もオススメ

  • 「マンガ家シリーズ」第一作。色々な意味で人間として破綻している売れないマンガ家・仁木と、どうしてもそんな仁木の世話を焼いてしまう幼なじみの腐れ縁・東海林のお話...
  • 大人気漫画『愛売る』の作者・藤野泉は10年来好きだった高校時代の同級生・飴屋と同窓会で再会する。自分が漫画家だということは隠していたが、偶然彼と同じマンション...
  • 新人編集の藍がじゃんけんで負けて押し付けられたのは大ヒット作「ゴスちゅる」を連載中の黒田瑞祥。自らを吸血鬼と称し、変わり者で知られる彼は原稿を渡す為にとんでも...
  • 出版社のパーティでいけすかない男・と大喧嘩をしてしまった少女漫画家の律は、親友だとおもっていた元担当編集・能代からとんでもない事実を聞かされる。そのショックか...
  • 付き合っている彼氏が、自分はあまりそういう事が好きではないのに執拗に肉体関係を求めてくる事に疲れ、落ち込んでいた夏月。隣に住む小学生の冬弥が何かと気を使ってく...