« 11月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(3)

[著]海羽 超史郎  [絵]池田 靖宏 [表紙]huke[原作]5pb.×ニトロプラス

「お前はこの俺を…鳳凰院凶真を…見くびっているのか…?」紅莉栖、ダル、まゆり、そして岡部倫太郎―いや“鳳凰院凶真”が挑む、異色の世界線の果てに待つものとは。そして、2025年の世界で岡部を憎む少女の想いはどこに向かうのか―。ふたつの時間軸が致命的な不意の接近を引き起こし、目に見えない故意の分岐が運命の集合体に干渉する禁断の世界線が、長い旅路の果てについに収束を迎える。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 一応「比翼恋理のだーりん」の鈴羽・まゆりルートをベースにしたノベライズ完結編。ファンディスクのノベライズのはずなのに、そして実際にちゃんとファンディスクのストーリーをなぞっているにもかかわらずとにかく重い。

 エピローグで示唆されたとおりの時間軸(世界線軸?)にこの物語が存在するんだとすると、本当に岡部はシュタインズゲートにたどり着くまでに何万回のタイムリープを繰り返すことになるんだろう。人の枠を逸脱して事象の域にまで達した『鳳凰院狂真』という存在が悲しすぎる。そしてこの世界の綯がタイムリープを繰り返す事になった原因がまたやるせない…彼女が「まゆりを殺した」世界線っておそらく、アレのことだよなあ……。

 一見本編とは完全に分化した世界線だった「だーりん」の物語を本編に結びつけ、本編の設定のいくつかに結び付けてしまう流れが本当に絶妙でした。しかし、終盤は設定が複雑すぎて微妙に噛み砕けない感が……小説版本編でのまゆりのあの設定なんかにも繋がってる感じなので、一度あちらも再読して頭の中を整理してみたい。

 しかし、原作内でも一番能天気な3%台の「比翼恋理のだーりん」と、原作内でも最も過酷な2%台の「暗黒次元のハイド」がこの作中でという意味でなく数値的な意味で隣り合わせ、という現実に気づいてしまって怖気が走る。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません