« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

男子高校生のハレルヤ!

[著]一之瀬 六樹  [絵]ありえこ

「そう、そこがポイントよ。あなた方は美少女であり男子でもある!」「理事長、日本語がおかしいです!」壮大な勘違いから、男であるにもかかわらず女子校に通うことになってしまった僕―山田真理(15)♂。しかもそんな間違いは僕だけかと思いきや、剣道バカの祐紀、男性恐怖症の桜という二人の男子もなぜか一緒に女子高生として通学中!?そこへ前代未聞の極秘任務が発令。「男女共学化の為、美少女にもてあそばれてきなさい」―って、どゆこと!?それに、桜…君は僕と同じ男子を名乗ってるけど、本当は―!?淑女の園で男子三匹が大暴走。GA文庫大賞受賞のノンストップ女子校潜入コメディ、スタート。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 名門女子校にまちがって入学してしまった真理(と書いて「しんり」と読む)。他の女装男子二人とともに来年度からの学園共学化を目指す為、PTAの反対派筆頭の娘を説得して来いと学園長から言われるが……というお話。女装男子と性別不詳のバカどもが繰り広げる学園ドタバタ劇です。

 ガチで性別が行方不明すぎてふいた。桜はなんとなくわかってたけど、祐紀のアレは割とガチで自分が思いこんでるだけなんじゃないのって思ってしまった。調べたら実際にある症例なんだな……。

 あらすじから「男だと隠して女の中に潜り込んだ男子達のエロ★ハプニング」とか「女の子だと思われたまま百合趣味のお姉様に弄ばれて云々」みたいなのを想像すると色々違うかもしれない。割と女装ネタ隠れてないしね……個人的にその辺(女のフリして潜入して云々的なハプニング)は次巻以降、もうちょっと頑張ってくれてもいいとは思った。

 むしろ、真っ当に女の子の中に放り出された男子高校生が苦戦しながらも青春していくみたいなドタバタっぷりを描いてるというか、アウェーすぎる環境の中で一切怪しまれない事に男子の矜持を傷つけられつつも大暴れする様が面白かった。特に、祐紀のターンが別のラノベすぎていいシーンなのに爆笑。真理と桜の微妙なラブコメ具合と、祐紀と萌子の複雑な幼なじみ関係も大変美味しかったです。

 ところで、イラスト以上に全体的な装丁・デザイン部分で全力で露骨に俺妹をオマージュしようという意思が見受けられるんだけど、いったいどういう効果を狙ってそういうことをしたんです?そこ気になっちゃって、物語と全く別の場所で消化不良。なんか発売前にパクリの汚名という悪評流されてイメージを落としただけな気がするんだけど…

こちらの記事もオススメ

  •  従兄弟の腰巾着しながら適当に生きていた黒羽はひょんなことから東京に転校して戻ってきた幼なじみ・灰島につきあってバレー部の活動に精を出すことに。ところが、そこに...
  • これは良いフトモモパンチラ(※だが男だ)  中身も大変美味しかったんですが、短いスカートからにょきっと生える男らしい太ももがたまりませんでした。女の子のような足...
  •  アメリカで大学を飛び級で卒業した青葉は、憧れの大伯父の通っていた全寮制男子校に転入することに。ところが、とあるハプニングから多くの男子生徒達のやっかみを一身に...
  • 前回の記事はこちら。  上記の記事の続きということで、約4年半の期間で発売されたライトノベルタイトルの中で男性がメインで表紙を飾っているタイトルを集めました。(...
  • 遅まきながら冬コミ当選しました。 スペースは12/29(月) 東3ホール"ケ"-24aです。初ラノベジャンル参加。 新刊で「バカとテストと召喚獣」の男子キャラ中...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません