« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ROBOTICS;NOTES -ロボティクス・ノーツ- (1)

[著]長野 一郎  [絵]カジミヤ、福田知則 [原作]5pb.×ニトロプラス

廃部寸前の「ロボ部」復興のために奮闘する、種子島高校3年生・瀬乃宮あき穂。しかし、幼なじみのロボ部部員・八汐海翔はそんな状況でもひたすら格闘ゲーム『キルバラ』に夢中だったのだが―。科学ADVシリーズ最新作『ロボティクス・ノーツ』のメインストーリーを描く公式ノベライズが遂に登場!種子島を舞台に展開する、ロボットを巡る少年少女たちの物語が、今度は小説の世界へ「拡張」される。世界を救うのはヒーローじゃない―オタクだ。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 科学アドベンチャーシリーズ第三弾「ROBOTICS;NOTES」の原作ストーリーのノベライズ。その前に出たファミ通文庫・スニーカー文庫のノベライズと違い、こちらは原作通りのあき穂・海翔2人を中心視点としたノベライズになってます。

 原作忠実展開……かとおもって読み始めたんだけど、一部のキャラクター設定や展開が大胆に改変されてる。全体的にメインキャラが大変「いい人」方向に拡大解釈されている感があって、まあ確かに全員こちらの方が原作よりもとっつきやすいキャラクターではあるんだけど、うーん……あき穂のこと心配しすぎでわかりやすいデレを隠しきれてない海翔にも若干違和感あったけど、あき穂は姉へのコンプレックスを強調されすぎて性格がかなり変わっちゃってる感じだったのでかなり違和感ありました。

 そして一番大きな変更点は瑞榎さんの存在がまるっと消されていて、代わりにミッチーが彼女の設定(HUGを装着している/現在までみさ希と連絡を取れる友人であるという点)を引き継いでいるという部分。原作ゲームの展開を最後まで知っていると、ミッチーがどこまで「瑞榎さんとしての役割」を求められているのか考えてしまって物凄く不安すぎる。もうなんていうか原作知ってるとわかりやすいフラグ……だよな……。瑞榎さんの物語は、ロボノのエピソードの中でも有数に思いいれのあるエピソードなので、正直こういう弄られ方をしてるのは不安しか涌かない……。

 ただ、様々な「暗黙の了解」によって成り立つ海翔とあき穂のツーカーな関係性はとても美味しかったし、最初違和感のあった練習試合のエピソードも、ROBO-BAN本戦になったらきっちりそこを使って盛り上げてくれたし……で、原作を一切考慮しないで読めたら凄く面白かったと思います。特に、ROBO-BANでの対決は本当にアツかった。また、原作プレイ済のファンとしては、かなりストーリーや設定も変えて来てるから、その辺をどう整合性とるのかはとても気になります。

 でもどうしても原作をやっているとキャラクターの違和感が先に立ってしまうので……うーん。
 原作のキャラクターにある程度思い入れのある人にはオススメできないかも。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません