« 11月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

空色パンデミック4

[著]本田 誠  [絵]庭

最近、仲西景の様子がおかしいことに俺、青井晴は気づいていた。穂高結衣の発作に巻き込まれ続けた仲西は、自らも「現空混在症」という病に蝕まれていたんだ。幻聴や己の中の別人格に悩まされ、現実と空想の狭間で苦しみ、やがて恋人の結衣の存在すら忘却してしまった…。結衣は失意の中で、それでも仲西を救う方法を探している。そして俺もまた、あいつを救うために、ある「芝居」を計画したんだ―。狂騒と純真の「ボーイ、ミーツ、空想少女」終幕。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 シリーズ完結編。幾度も結衣の発作に巻き込まれるうち、現実と空想の区別がつけられなくなってしまう「現空混在症」に罹患してしまった景。自らが空想して作り上げた「結衣のいない世界」に引きこもりがちになった景を現実に引き戻す為、蒼井は結衣と協力してとある芝居を計画する。

 最後までどちらが現実でどれが空想か、伏線も意味ありげな設定も全てを曖昧にしたまま霧の向こうへ。足元が覚束なくなるような不思議な読後感を持つ物語でした。あと最後まで森崎まじイケメン。正直わからないまま終わった部分の方が多いんだけど、曖昧ななか唯一これが「景と結衣の物語」として完結した事だけがはっきりしていて、これが一番この作品らしい終わり方だったなと納得してしまう。

 しかし、これ典型的な“セカイ系”だなあと思ってしまうのは色々と解らないまま読者置いてきぼりに進行する物語といい、随所に挿入される楽屋裏のような「空想の世界」と「舞台上の物語」が並行する様子といい、なんだか新世紀エヴァンゲリオンを思い出してしまったからか(ちょうど直前に新劇見てたからかもしれない)。

 「おめでとう」「ありがとう」で終わりそうな話だな、とおもってたら大体間違ってなかった!

こちらの記事もオススメ

  • 発作的に自らの空想の世界の住人になってしまう「空想病」の少女・結衣と彼女に気に入られてしまった普通の高校生・景が繰り広げるボーイミーツ「空想少女」第二段。今回は...
  • 発作的に自らの空想の世界の住人になってしまう「空想病」の少女・結衣。高校受験の日に偶然彼女の「空想」に巻き込まれてしまった主人公は、何故かその後も彼女につきまと...
  •  学校にやってきても頻繁に空想病発作に見舞われ、別人になってしまう結衣。めんどうくさいから極力関わらないようにしようとしてるのに、景はなんども彼女の発作の“登場...
  • 1巻、2巻も凄かったけど3巻は更に輪をかけて構造が複雑になってる!「現実」を侵食する「空想」が幾重にも絡んで、どこからどこまでが現実での出来事なのか判らない。 ...
  •  詠羅に一目惚れしたという後輩に「彼女を紹介して」と頼まれてやむなく彼女とのデートの約束を仲介することになった赤井。詠羅と気まずい雰囲気になり、一人で悶々として...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません