« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

甘城ブリリアントパーク1

[著]賀東 招二  [絵]なかじま ゆか

謎の美少女転校生・千斗いすずが、可児江西也を放課後の教室でデートに誘ってきた。転校初日から校内で噂になるほどの女の子に誘われるというのは、悪くない構図だ。ただし―、こめかみにマスケット銃を突きつけられてなければ、の話だが。しぶしぶ承知して向かった先は「甘城ブリリアントパーク」。ダメなデートスポットの代名詞として名高い遊園地だ。そこで西也はラティファという“本物の”お姫様に引き合わされる。彼女曰く「あなたにこの『甘城ブリリアントパーク』の支配人になって欲しいのです」…って、なんで俺が。(「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

魔法も希望もあるんだよ(でも夢と奇跡はありません)。

 転校生の少女に半ば脅されるようにして連れてこられた寂れた遊園地「甘城ブリリアントパーク」。妖精のお姫様に魔法の力を与えられ、なりゆきからその遊園地の支配人として、二週間以内に10万人を集客しなければいけなくなってしまった西也。しかし、“中の人などいない”を地でいく、どこかで見たようなマスコットキャラの妖精たちはいずれも一筋縄ではいかない者ばかりで……というお話。

 なかじまゆか先生の可愛い絵柄を楽しみつつ主人公が遊園地再建しながら美少女とフラグを立てる系のラブコメかとおもったらむしろ完全にマインドがオッサンな妖精達がひたすら居酒屋で愚痴る話だった。な、なにをいっているのかわからねえとおもうが略。そして会話が生々しい。居酒屋でこういう会話してるサラリーマンのおっさん、いるよね!!みたいないらぬ生々しさが全開です。

 妖精の国のお姫様と妖精たちが人間達の「楽しいと思う心」を集めるために働いている、という設定はとてもファンタジーですが、あくまでその能力には頼らず、あくまで人間の力で事態を解決していく姿がよかった。地道な広告活動や赤字覚悟の集客行為をしてもやはり人間のできることには限界があって、そこで残りの人数を集客するためには汚い手も使う。魔法のような「チート能力」にはあっても頼らず、どこまでも地に足がついた方法で集客を模索していくのが面白かった。ぶっちゃけ、最後の野球場のアレは物凄くファンタジーだとおもいましたが!!普通の高校生が潜入+破壊工作なんかして証拠を残さずできるわけないだろというか、もうちょっと頑張ってそこの部分にもちゃんとリアリティを追求してほしかった気はする!!

 キャラクター的には、西也の「ナルシストな友達居ない元子役」という設定は結構面白いのに割とその辺生かせてなかった気がするのが残念。っていうか、どうみても“ナルシスト”って設定が浮き上がってる気がするんですよねえ……友達居ない設定は今後学校での描写が増えたら自動的に生かされてきそうな気はしますが。便所飯してるのには噴出すしかなかった。

 西也とモッフルのいけすかないやつと書いて強敵と読む感じの関係はかなり好きでした。だがクライマックスの野球場はいろんな意味で無理がry

こちらの記事もオススメ

  •  パーク内外でのドタバタ騒ぎをメインにした短編集。  前巻で採用となったアルバイトの少女・中城椎菜の視点から描かれる「中城椎菜は逃げ出したい」が凄く良かった!引...
  •  ティラミー総攻でおねがいします(迫真)  「『鋼鉄のミッチ』その後」が!すごくよかった!!特に挿絵のワイシャツ1枚前はだけで縄拘束+首輪と鎖な西也はぜひともア...
  •  アクアワーリオ改め「エレメンタリオ」の四精霊を中心とした短編巻。さりげなく四精霊のアトラクションの表記が統一されてたり、アニメで出てきたツッコミへのフォロー的...
  •  魔法の力や汚い手口を用いてなんとか閉鎖の危機を乗り切ったのも束の間、今後のノルマやら人員不足やら問題は山積み。とりあえず人員不足を解消すべく、スタッフ募集をし...
  •  3巻から引き続きパーク内外で起きるエピソードを収録した中編・短編詰め合わせなシリーズ第4巻。  バイト3人組のひとり・伴藤美衣乃にかけられた呪い解呪のためにテ...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません