« 6月 2017 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

勇者リンの伝説 Lv.1 この夏休みの宿題が終わったら、俺も、勇者になるんだ。

[著]琴平 稜  [絵]karory

ユースタシア学園―そこは大陸を跋扈するモンスターを駆逐するために設立された“冒険者育成機関”である。夏休み。勇者課程の落ちこぼれのリンと、勇者になりたい伝記士課程の少年・カイに出された宿題は、5つのクエストへの挑戦とその伝記の提出だった。しかし、STEP1「仲間を集めよう!」で揃ったのは、マッチョなニート戦士―「遊ぶことこそが生きるための生業であるという、その辛さがお前に分かるか!」と、ドSな巨乳召喚士―「この寄生虫が!」の二人で…!?これは、新進気鋭な魅力で溢れる勇者パーティーが繰り広げる冒険の日々をまとめた(愉快な)伝説の記録である。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 勇者養成機関のユースタシア学園で、勇者としての将来を期待されていたのになぜか伝記士課程に振り分けられてしまったカイは夏休みの宿題に苦労していた。そんな中、勇者課程でおちこぼれまっしぐらな幼馴染のリンに夏休みの宿題を手伝ってといわれて……!?富士見ファンタジア文庫大賞の金賞作品。

 活字アレルギーな伝記士となまくら剣装備のアホの子勇者がボケツッコミを繰り返しながら微妙な仲間達とともに夏休みの宿題(クエスト5個達成)を目指すお話。勇者とその仲間達の冒険を楽しむファンタジーというよりは変な人達の頭おかしい掛け合いを楽しむお話でした。

 使い物になるのかならないのか良くわからないニーナさんの召喚術(※異世界の一般人を呼び出す程度の能力)もおもしろおかしかったけど、それ以上にポロリ担当系筋肉男子のジルが色々な意味で頭おかしかったです。はじけるきんにく!そしてファンタジー世界だけど色々世知辛い感じの世の中なのがジワジワくる。勇者課程卒業したといって勇者になれるとは限らないとか世知辛すぎますよ!?

 個性豊か(オブラート)な仲間達が集まってあらぬ方向に向かって暴走するバカ小説…とおもってたら最後でなんか綺麗に落としてきた。良い意味で軽く読めるお話なのでちょっと疲れたときの気分転換にはちょうど良いかも。面白かったです。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません