« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

僕は友達が少ないCONNECT

[著]平坂 読  [絵]ブリキ

三日月夜空は、十年前に離ればなれになった親友との物語を再び始めるために動き出そうとしていた/高山ケイトは、妹の幸せを喜びながらも寂しさを覚えていた/天才少女志熊理科は、その能力ゆえの孤独を抱えていた/孤高の男子高校生柏崎天馬は、自分に付きまとってくる同級生に戸惑っていた/柏崎家の新しい家令ステラは、お嬢様に対して複雑な想いを抱いていた/そして羽瀬川小鷹が主人公になった時、その裏では…。『はがない』待望の最新刊。小鷹以外の人物達によって綴られる、一つの奇跡へと続いていく、煌めく奇跡達の軌跡―“繋がりの物語”登場。(「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 生徒会の一存とのコラボ小説及びアニメ版「僕は友達が少ないNEXT」のラストで衝撃を受けていたら、原作を読んでいる複数の人からとりあえず先にこちらを読むといいよ、と薦められました。小鷹以外の隣人部の面々や、父親世代の話が収録されている「はがない」番外編短編集。原作の3巻以降は9巻が出るまでに……というかアニメと同じところで止まってるってどういうことなんですか!?蛇の生殺しにもほどがあるよ!!

 星奈父&小鷹父の親友ぶりに萌えてしまったり、傲岸不遜のようにみえて実は物凄く乙女思考で小鷹と2人きりになるために必死に知恵を絞ったりマリアをしいたげながらも内面テンパってる夜空も、光しかもち得ない故に孤立していく星奈が隣人部に関わる事で少しずつ変わっていく姿もとてもかわいかったのですが、楠幸村の長年の“勘違い”に至る経緯を母の視点から描いた「曇りなき心の月を先だてて」が凄く良かった!愛情はあるけど忙しすぎるせいで幸村の勘違いに気づけなかった母親の葛藤と、運悪く理解のある(?)大人達に囲まれてしまったせいで勘違いを正す事も出来ず、とんとん拍子に誤解がどうしようもない違和感を与えつつも事実として一人歩きしていく姿が滑稽で、とても理想的な親子関係を築きながらもそんな当たり前の誤解すら正す事ができないことがどこか切ない。

 そして漸くそれが誤解だったと気づいた幸村がそれでも雄々しく可憐に微笑む姿がどうしようもなくかっこよかった。読む前にあらかじめバレを知ってたせいもあるとおもうけど、幸村は正直「男子」設定だったときよりも女子だと判明してからのほうが美味しいなあ。「星二つ」でみせた星奈とのやりとり含め、幸村が可愛くて生きるのが辛い。星奈に携帯ゲームのことを聞いたときの反応って、母親の事をおもって…みたいなのあるんだろうなあとおもうとほんと可愛い。

 そして理科の内面が透けて見える「クオリア/もう一つの動き出した時間」「手を取れるように」がとてもよかった!高すぎる能力が故に孤立し、見えすぎるが故に視界を曇らせることで周囲と距離を置いてきた天才少女が小鷹に興味を持ち、勇気を振り絞って自分のキャラを「作って」面白そうな人々(隣人部)に近づいていく姿が本当に可愛い。そして小鷹のために、これまで歯牙にもかけていなかった容姿に気を使い、同じ部内の面々の可愛さを羨ましがったり……と普通の少女のらしい情緒を獲得していく姿に胸が熱くなる。

 1人の少女らしい感情を育てながらも、それ以上に、小鷹と同じ位に“隣人部”という場所を愛し、その場所に固執する余りに自ら逃げ出してしまう小鷹の感情も理解し、その上で憎まれ役を買って出てでも小鷹を隣人部に引き戻そうとする理科の決意がかっこいい。なにより、もうほんと保健室での教師とのやりとりと挿絵の幸せそうな笑顔が可愛いすぎるんですよ!!理科かわいいよ理科!!

物理的にも大きくなった胸を期待に膨らませつつ。
僕はたくさんの初めてをくれた友達と、生まれて初めてのケンカをしにいく。

こちらの記事もオススメ

  •  小鷹と理科が本当の意味で「友達」になり、それをみていた夜空が逃走し……からの続きです。 夜空面倒くさいよ、夜空  バックグラウンドが重いもは解った、解ったが、...
  •  ヤンキーっぽい顔と外見のせいで友達が出来ない転校生・羽瀬川小鷹はある日の放課後、『エア友達』と話しているクラスメイトの三日月夜空と出会い、友達が居ない者同士で...
  •  色んな理由から友達のできない面々が「隣人部」なる部活を結成して残念なやりとりを繰り広げるシリーズ第二巻。  2巻でようやくメインキャラクターは大体出揃った感じ...
  • [著]平坂 読 [絵]よう太 国語が苦手な文香はちょっぴり不純な理由で「文芸部」に入ろうと決意する。しかし、その学校に文芸部はなく、代わりに"軽小説部"という名...
  • [著]平坂 読 [絵]よう太 高校に入って1週間ほどたった頃、付き合っていた彼氏に振られたばかりの美咲が幼馴染である竹田の家に現れる。彼女は突然「ラノベ部」を作...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません