« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

温泉ドラゴン王国1 ユの国よいとこ、一度はおいで

[著]山川 進  [絵]児玉 酉

「私に、温泉を調べさせてくださいっ!」山ばかりの貧乏国家「ユ国」の王子アリマは国の財政難を解決するための方策について悩んでいた。そんな彼の元にある日、隣国の研究員が訪れる。古代の遺跡を調べる研究者である少女ハナは、ユ国唯一の特色である「温泉」には合成すると特殊な効能を発揮する性質があることを明らかにする。ハナの助力を得てアリマは「温泉を使った旅館の経営での財政再建」を目指すが、来るのはドラゴンや勇者など、一筋縄ではいかないお客様ばかり。ドタバタ&ほのぼのに入浴シーン大サービスで送る温泉ファンタジー営業開始。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 これといった売りがないせいで戦争に巻き込まれずにも済んでるけど財政が傾きまくりのユ国。国民と農作業に勤しむ父王を尻目になんとか国家財政を立て直そうとがんばるアリマ王子の元に隣国から「温泉を研究したい」という研究者の女の子・ハナが現れる。温泉の効能を組み合わせて、魔法のような効果が得られるらしいのだが……そうだ、温泉旅館やろう!!というお話。

 ドラゴンとか勇者とか魔法とか戦争大好き帝国とか出てくるけど、あくまでメインは温泉で国興で、全体的にユル〜いノリが楽しいファンタジー。姉姫の怪我を治癒するところからはじまって、ドラゴンの願いやら最終的には国家間紛争までを収めてしまう温泉の「効能」が万能すぎて、なんでも温泉で解決してしまう流れはあまりにもむちゃくちゃでご都合主義感漂ってたけどそれが良い!!ほんとなんか、軽い気持ちで楽しめるのが嬉しい物語でありました。温泉に入りに来る巨大ドラゴン圧倒されるしかない。

 特にドラゴンを巡っては色々対立構図があったりするわけだけど、それ以上にユ国の人達の国民性というかご近所感というか、平和ボケからくるのどかさみたいなのがとても心地良い。一見ちゃらんぽらんに見える父王がいざという時に培った人徳を発揮してくるのにもニヤニヤします。

 温泉シーンやら猫耳やら要所要所であざとい要素が盛り込まれてるのに苦手なあざといお色気が殆どないのもうれしい。「ToLOVEる」じゃなくて「らんま1/2」系の健康的なお色気。あとあの猫耳は萌えない(真顔)でも筋肉系男子とか好きな人は是非、ラストの挿絵だけでも見てみるといいとおもうよ!!

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません