« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

デーゲンメイデン 2.池袋、穿孔

[著]田口 仙年堂  [絵]柴乃 櫂人

Dアーム。それは、長い時を経て異能と人格を得た伝説の武器たちの総称。彼等は気まぐれに人と契約し、力を発揮する。池袋で休日を満喫する練司たちの前に、またもロキの伝承者とDアームが現れた。彼等の目的は、サンシャイン60の地下に眠る日本最古のDアーム。そしてその中には、なぜか練司の探し求める少女の姿があって―。阻止に動く練司たちに対し、ロキの伝承者の口から驚くべき事実が語られる。「僕たちはグングニルを破壊するために活動しているんだ」ヒトと剣がしのぎを削る古今東西名武器バトル。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 あとがきが汁だく(意味深)
 や、やっぱりこのノリのあとがきで続けるんですか!?予想以上に長くてびっくりしたけど凄いジワジワと笑わされたw人間の姿をとり不思議な力を持つ『Dアーム』と、彼らと契約した人間「伝承者」達が東京を舞台に繰り広げる武器バトル第2巻。

 自分の戦う理由を否定された練司の上司・ライラが周囲の人間やDアーム達の“戦う理由”を知り、自らの戦う理由を見つめなおす展開が凄く良かった。正義のため、でも別に良いのにわざわざ台詞を言い換えたり、かっこいいけど実は凄く年齢相応の女の子らしさをもってるライラが可愛い。そして糸はすっかり男前になってまあ……。

 うーんしかし、「ミロク」以上にバトルメインというか駆け足というか……キャラクター達は魅力的なのにキャラの掘り下げほっぽってバトルばかりが進行するもどかしさが……。というか、1巻以上に展開が駆け足。4巻完結らしいのである程度駆け足にしないと進まないというのはあるかもしれないけど、それにしてもバトルばかりの展開はきついなあ。

 死別した幼馴染との再会やら、対立する両組織の思惑やらで色々きな臭い感じに。単純な「善」と「悪」という構図にならずに敵にも敵の正義があると薄々気づいた上でそれでも譲れないもののために戦う、という構図がとても好きなんですが練司とかはそこまで割り切れてない感あるので次の巻でどうなるのかなあ。というかいすかこれヤンデレフラグ立ってませんよね大丈夫だよね!?

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません