« 3月 2018 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ムシウタ01. 夢みる蛍


[著]岩井 恭平
[絵]るろお
 
消閑の挑戦者シリーズの作者さんの本。世間的には代表作はこちらかと思われます。
割とシリアスしつつもコミカル要素強い「消閑の?」と違ってかなり重くてシリアス。
結構ありがちなボーイミーツガールストーリーなのかな?と思っていたのですが
後半はどんどんシリアスで暗い展開に。良い意味で予想裏切られました。

すいません、「このライトノベルが凄い!」で殆ど大助の正体なんかはネタバレしちゃってたんですが
実際ストーリー後半まで全く気づいてませんでした。
幸せな性格なのか単に馬鹿なのか、自分…。
裏表あるキャラ大好きなので、大助の正体には非常に萌えましたけどね。

詩歌も可愛いですが、個人的には利菜が好きです。
彼女の最後はなんとも切なくて、泣けました。
詩歌は「可愛い」というより「儚い」とかなイメージで…こういう子も好きです(笑)
「ふゆほたる」の戦闘シーンは、文字表現なのにめちゃくちゃ幻想的で綺麗で、非常にツボかったです。

こちらの記事もオススメ

  • ムシウタ 07. 発売:2006.6発行:角川書店[著]岩井 恭平 [絵]るろお未だ利奈のことをふっきれない元「むしばね」メンバー有夏月が、電波的な彼女(公式あ...
  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお 虫憑きであることを隠し普通の学生として生活していた鯱人の前に虫憑きを集める極秘機関“特環”のスカウト獅子堂戌子が現れる。特環本部...
  • ムシウタ 04. 岩井 恭平〔著〕 角川書店(2004.10) どうしようこの作品脇役が美味しすぎて思わず主人公たちに対する言及忘れがち(笑) 大助も詩歌も美味...
  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお “大喰い”との戦いで消耗し、自らの“虫”を暴走させてしまった大助。特環の隔離私設から逃げ出した彼は一人の虫憑きと、二人の少女に出...
  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお 記憶を取り戻したかつて大助の姉、千晴は茶深と協力して"かっこう"こと大助の行方を追う。 その頃、姉の失踪を知った大助は特環から離...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません