« 11月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

かりん 増血記

かりん増血記 1

[著]甲斐 透 [絵]影崎 由那
富士見書房 2003-12
 
ぶっちゃけこの小説が何故富士見「ミステリー」文庫から出てるのか解らない。

漫画版の絵柄の可愛さにひかれて小説版買ったんですが、小説がオリジナルかと思ったら実は漫画版がオリジナルだったのね^^;

吸血鬼ならぬ、増えてしまった血を与える「増血鬼」という設定にまず笑いました。増血できないと鼻血が出てしまうという設定にも大爆笑。ただ、それ以外の内容は典型的「萌え狙い」な作風で、個人的にはあんまり好きくなかったなあ・・。ここまでふっとんだ設定だったらもっとこう、バリバリギャグな作品かと思ったのですよ。

ストーリーの内容はタイプの違う男の子2人にヒロインが取り合われるという、ありがちなラブコメ。ラブコメ好きさんには楽しめることでしょう。個人的には雨水君の方がタイプです。というか十文字のようなタイプって側にいたら迷惑だよなあ(失礼)

最後から3番目の挿絵が恥ずかしすぎてバスの中で慌てて本を閉じる羽目になりました。
なんというか、全く原作を読もうという気にはならなかったので「漫画が主体のノベライズ」としてはどうなんだろう。ただ「かりん」の方向性が私とあわなかっただけかもしれない。実際漫画版は非常に売れているようなので、実際は面白いのかもしれないけど小説版のイメージが悪くて手をつける気にならないんだよなあ…設定自体は面白そうだったのでひょっとしたら小説版で損してるような気がする。

こちらの記事もオススメ

  • 些細なことをきっかけにして幼い死神姫・クリクリに魂を食べられ、“姫護者(クレイドル・ガーダー)”と呼ばれる存在になってしまった普通の高校生・健太郎と文吉。殺して...
  • アニメ終わったけど今頃手を出してみたよな「紅」のシリーズ1冊目。 ちょっぴりワガママだけど「大財閥のお嬢様」としての高貴さを併せ持つ紫のキャラが素敵でした。自分...
  •  うーん、「なんらかの事情で笑顔を失った元アイドルに、農業を通して笑顔を取り戻して貰う」っていう物語の主軸そのものと、予想外にがっちりしてた農業ネタ(しかも「銀...
  • ょぅじょ(と残念な人)が増えた!! ひょんなことからようじょ 死神のお姫様に魂を食べられてしまった高校生3人が生命を返してもらうため、ようじょのお守り “姫護者...
  •  姫護者として経験を積んできた3人にサリが依頼してきたのは「死期を過ぎているのに生きている人間の命を刈り取る」こと。しかもその相手は担任・超飛の恩人ともいえる人...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません