« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ムシウタ 05 夢さまよう蛹

[著]岩井 恭平 [絵]るろお

記憶を取り戻したかつて大助の姉、千晴は茶深と協力して"かっこう"こと大助の行方を追う。
その頃、姉の失踪を知った大助は特環から離れ、単独で虫憑きを生み出す"最初の3匹"の一人、"大喰い"と接触しようとしていた…
 

大助が虫憑きになった理由、大喰いの能力や"3匹目"の正体など
どんどんストーリーが核心に近づいてきました。
大助・千晴の関係もさることながら茶深一味が凄い良い味出してます。
もうほんと、茶深には幸せになってほしいって感じです。
こういう小悪役っぽい子は下手すると最後ら辺とかでヒロインかばって
死ぬとかそういう役回りしそうで怖いんですよね。

それはいいけど茶深の能力って結構美味しい気が。
彼女の能力は正直サポート系になっちゃうので本人的には不本意でしょうけど。

大喰いの能力はほんと反則ですね…。
彼女の能力を知った魅車副本部長がどう動くかも今後楽しみ(というか不安というか)

個人的には千晴のお姉ちゃんっぷりに萌え!

こちらの記事もオススメ

  • ムシウタ 04. 岩井 恭平〔著〕 角川書店(2004.10) どうしようこの作品脇役が美味しすぎて思わず主人公たちに対する言及忘れがち(笑) 大助も詩歌も美味...
  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお “大喰い”との戦いで消耗し、自らの“虫”を暴走させてしまった大助。特環の隔離私設から逃げ出した彼は一人の虫憑きと、二人の少女に出...
  • [著]岩井 恭平[絵]るろお  消閑の挑戦者シリーズの作者さんの本。世間的には代表作はこちらかと思われます。 割とシリアスしつつもコミカル要素強い「消...
  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお “優しい魔法使い”との出会って以来、大助達の居る「当たり前の日常」に居心地よさを感じる一方で、虫憑きの過酷な運命を知ってしまい思...
  • 約2年半ぶりの本編新作。カノンと環、二人の優しい『嘘つき』のお話。 カノンがついた「“虫”を消す力がある」という些細な嘘がどんどん大きくなり、最早取り返しのつか...