« 3月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

バイトでウィザード 双子の飼育も銀玉次第!

オンライン書店ビーケーワン:バイトでウィザードバイトでウィザード

発売:2006.7
発行:角川書店
[著]椎野 美由貴 [絵]原田たけひと
外伝シリーズ4作目。
なんか今回は全体的にしんみりとした話が多かったような…
「星降る夜のわすれもの」は一条兄弟の絆の強さというか、
豊花の女の子らしい一面が覗けて良かったと思います。
これといい花火の話といい今回美味しい所持ってきすぎです、豊花。

逆に家庭教師の話は個人的にはイマイチ破壊力が足りなかったです。
ギャグ話だと「クレイジーベビーでほふく前進!」がツボ。
最後の一行が色々な意味であの兄弟らしくて良いです(笑)

また、少年エースに掲載された「あの日をもう一度?」は、本編の内容を踏まえて考えるとほんと切ないというか、しんみりしてしまうストーリーでした。ほんと、あの二人には幸せになって欲しいよ…。

そういえば、先月でた本編「唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた」を最終巻と勘違いしててコメント欄でご指摘を頂いて修正したのですが、冒頭に書いてしまったためbk1に送ったトラックバックにしっかりその文章が残ってる?…と頭を抱える毎日です。bk1に連絡したら消してくれるのかな、ああいうの…。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

One Comment

  • バイトでウィザード *双子の飼育も銀玉次第!


    バイトでウィザード 双子の飼育も銀玉次第!
    椎野 美由貴

    短編集です。
    このシリーズまだ長引くのかなぁ。

    内容(「BOOK」データベースより)
    誰にでもある子供時代、父親と遊びにいく晴れた日曜日—だが、双子の父親、尚は、光流脈術者専門の医師にして、日々の戦いを本職と考える不屈のギャンブラーだった。今日も母親の留守をいいことに、京介と豊花を連れてパチンコ勝負!ところが、目を離した隙に二人が誘拐されて…!?双子に輪をかけて破天荒な父を描く表題作ほか、京介と砂島礼子が初めて出会うエピソードなど7編。双子が術者目指して奮闘する研修生編第4弾。

    感想↓

    隠れヲタク的日々日常 |2006/9/21(木) 10:27 | Permalink