« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

涼宮ハルヒの消失

オンライン書店ビーケーワン:涼宮ハルヒの消失涼宮ハルヒの消失

発売:2004.8
発行:角川書店
[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ
名作と名高い(?)第四巻。
1?3巻までと本質的に違うものを感じた。いや、これマジで面白い。
それまでの3巻は全体的に面白いんだけどそれだけというか、結局冗長なイメージが拭えなかった。
対して4巻はぐいぐい話しに惹きこまれる感じ。一気読みしてしまいました。

涼宮ハルヒが消え、消えたはずの朝倉涼子が復活し、長門はただの引っ込み思案な眼鏡っ子になり、朝比奈先輩は手の届かない先輩に、古泉は転向してこない…突然そんな平穏な並行世界にひとり取り残されたキョンが世界を元に戻す為奮闘する話。
間接的には3巻の「笹の葉ラプソディ」の続き。改変されてしまった世界の辻褄を合わせるために再び過去に飛んだり…と息もつかせぬ展開が続きます。

いや、確かに思いっきり初々しいアナザー長門も可愛いんだけど今回はとにかくキョンが美味しい所をもっていきまくってます。
改変された…ある意味自分が望んだ筈の世界よりも「自分の知っているSOS団」が居るハチャメチャな元の世界を選択するシーンは不覚にも胸が熱くなった。熱すぎる。
そしてやっぱり長門可愛いよ長門。アナザーもいいけど無感情な行動の中に少しずつ感情みたいなものが見え隠れする長門が本当に可愛かった。

しかし、一つだけ。表紙やイラストページで物凄い出張ってる割には朝倉の見せ場がなさ過ぎるなあと…表紙とかで半ネタバレしてるようなものだから、ラストでああいう登場の仕方をしてもあまりインパクトがない。
もっと「良い人」っぷりを見せ付けて最後で落とすとかハルヒを探すのに協力してくれるとか…とにかくもうちょっとストーリーにかかわるような動きが欲しかったかなと。

こちらの記事もオススメ

  • 涼宮ハルヒの退屈 発売:2004.1発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 長門かわいいよ長門。 4話構成の短編集。1巻はまだしも2巻の中盤が激しく...
  • 涼宮ハルヒの憤慨発売:2006.5発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 今回は短編集です。 春休みのエピソードが中心となりましたが、次巻は2年生編...
  • 涼宮ハルヒの動揺 発売:2005.4発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 文化祭、雪山などのこぼれネタを中心に5編からなる短編集。 「ライヴアライ...
  • 涼宮ハルヒの暴走 発売:2004.10発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 書き下ろしの中編1作を含む短編集。 「エンドレスエイト」 早い話が夏休...
  • 涼宮ハルヒの陰謀 発売:2005.9発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ久しぶりの長編。8日後の未来の自分の言い付けで未来からやってきたというみく...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

One Comment

  • 涼宮ハルヒの消失

    「涼宮ハルヒ? それ誰?」って、国木田よ、そう思いたくなる気持ちは解らんでもないが、そんなに真顔で言うことはないだろう。だが他のやつらもハルヒなんか最初からいなかったような口ぶりだ。混乱する俺に追い打ちをかけるようにニコニコ笑顔で教室に現れた女は、俺を殺そ...

    ライトノベルの箱詰め。 |2006/8/5(土) 19:34 | Permalink