« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

レゾナンス 1 夕色の墜落

オンライン書店ビーケーワン:レゾナンス 1レゾナンス 1

発売:2006.9
発行:角川書店
[著]山原 ユキ [絵]矢野口 君
MPという精神寄生体に寄生されてしまった少年少女達の話。

『MP』という単語を終盤まで何の説明もなしに使われて、なんとなく単語の意味はわかるんだけどここまで隠すという事は裏の意味でもあるのかと思い、物凄いそれを気にしながら読んでたら結局何も無かった。がくり。正直この単語を最初の方で解説してしまっても何の支障もなかった気がするのですが。なんか気になって序盤は殆どストーリーに集中できなかったよう。

序盤物凄い後ろ向きな主人公のモノローグにうんざりしたりもしましたが、その気持ちがヒロイン?の少女との出会いや高校での生活によって少しずつ変化していくところは面白かった。あと蓉子さんがいい具合に醜悪で良いです。人によって感じ方の変わってくるキャラだと思いますが、「バイトでウィザード」の家長的な厭らしさを感じます。読み終わったときは蓉子と主人公の関係に正直嫌悪感しか抱かなかったんだけど、時間が経ってから考えてみるとある意味ここまで醜い関係をしっかり書けるのもすごいなあと。心からの依存ではない依存関係というか、なんか兎に角お互い信頼しあっていないのに依存してる関係というのか…。

しかし、後半のベッドシーンはいらなかったと思うんだけどなあ。
若者特有の短絡的な部分を描きたかったのかもしれないけど、唐突過ぎてポカーンとした。

なんというか、総評するとつまらなくは無いのですが肌に合わない話でした。
中盤の学園生活部分が良かっただけに、後半は登場人物に醜悪さばかり感じてしまって。
好き嫌いが分かれそうなストーリーだとおもいます。

こちらの記事もオススメ

  •  人として割と駄目な感じの安楽椅子系オカルト探偵・「ねえさん」こと葛乃葉さんと、彼女の助手として働く狐憑きの少年・玉藻が繰り広げるオカルト系ミステリー。  独特...
  •  小学生時代に一線を越えてしまった佐津と日浦は中学時代に偶然再会を果たし、同じ高校に入学するが、過去の因縁が絡み合ってきて……というお話。  実際には両想いなん...
  • [著]細音 啓 [絵]竹岡 美穂 「孵石」を研究している研究所が灰色名詠士により襲われる事件が相次いだ。次の狙いがトレミア・アカデミーではないかと予想した教師達...
  • 捕らわれの眠り姫を取り戻すため、王子様が頑張ります!!というガチでド真ん中の王道展開炸裂!!なシリーズ最終巻。最後まで美しい旋律と鮮やかな音色に彩られたこの物語...
  • 【ソウ】楽都市OSAKA 下 発売:2002.4発行:メディアワークス[著]川上 稔 [絵]さとやす(TENKEY) 上巻からだいぶ間が開きましたが下巻の感想。...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

One Comment

  • レゾナンス 1.夕色の墜落

    レゾナンス 1.夕色の墜落 作者: 山原ユキ 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/08/31 メディア: 文庫 「いまどきの少年少女のジュブナイルファンタジー?」 ってな感じの小説でした。 いまいち、MPの能力がわかりにくいですが、どうやらトラウマが原因となっているよ

    愛があるから辛口批評! |2006/9/6(水) 12:00 | Permalink