« 7月 2017 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日からマのつく自由業!

[著]喬林 知 [絵]松本 テマリ

ごく普通の男子高校生・渋谷有利はクラスメイトが苛められているのを止めに入ろうとして、逆に女子トイレの便器に頭を突っ込まれてしまう。ところがその便器に頭から吸い込まれたとおもったら、便器の先は異世界で、しかも「貴方は魔王です」なんて言われてしまい…!?
 

多分世間の「腐」女子に一番人気があるのではないかとおもわれるライトノベル。
あんまり露骨なのはちょっとなーと思い今まで敬遠してきましたが、古本で発見したので読んでみたら普通に面白かったです。もっと露骨にBL臭いのかと思ってたら普通にコミカルな異世界ファンタジー小説でした。

いやまあたしかに
ドキッ!魔族だらけの美男子大会!!ツンデレもあるよ!!
って感じではあるんですけど。

異世界に迷い込んでしまったら確かに習慣も慣習も違うよなあ…本人のあずかり知らぬところでなぜか男にプロポーズしてしまったり(しかも誰もそれに対してツッコミ入れてくれなかったり)、更に知らないうちに決闘することにされてしまったりで異世界間コミュニケーションの違いに振り回される姿に爆笑しました。

そして結構周囲のテンションに流されながらも、いざというときは熱く決めてくれる有利に燃え。
何気に色々とかかわりありそうなコンラッドとのコンビも良いですし、ちょっと暴走気味の指南役・ギュンターも良い味出してます。(でもギュンターさん…いくら●薬の所為とはいえ、鼻血はどうかとおもうよ鼻血は…!!)

何より頭脳派ツンデレ生意気少年スキーとしては金髪生意気美少年ヴォルフラムのツンデレっぷりに終始踊らされっぱなし。本人は態度に出していないつもりでも、段々有利のペースに乗せられていって気が付くとかなりなついてる…というその経緯がたまらんですよ。男のツンデレってほんと萌えますね!!

こちらの記事もオススメ

  • [著]喬林 知 [絵]松本 テマリ 若き日の美子をナンパした渋谷勝馬は、2回めのデートで衝撃的な事を言った。 「やー、実は俺、魔族なんだわ」 夫は魔族、下の息子...
  • [著]喬林 知 [絵]松本 テマリ 先人曰く、「親は子供に疎まれないのは、中学に上がるまでの十数年に過ぎない」という。ならばせめて疎まれるようになる前にグレタと...
  • [著]喬林 知 [絵]松本 テマリ ひょんなことから異世界・眞魔国の魔王に祭り上げられてしまったごく普通(?)の高校生・渋谷有利。再び召喚された眞魔国では戦争の...
  • [著]喬林 知 [絵]松本 テマリ コンラッドとはぐれ、ヨザックを失い、サラレギーと二人きりでいわくつきの地下道を行くユーリ。精神的なショックからか視力を失った...
  • [著]喬林 知 [絵]松本 テマリ 友人・村田健の失恋記念(?)にシーワールドにやってきた有利はイルカショーの最中に再び眞魔国へ召喚されてしまう。ニセ魔王が処刑...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません