« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

陰月のヤジリ

[著]時海 結以 [絵]亜沙美

冷害によって滅び、今はサノカタとユツキという2人の兄弟しかいない村に2人の人間が流れ着く。流れ着いた女の左手にはサノカタに刻まれているのと同じ模様の刺青が刻まれていた。
彼女?サナという少女は語り継がれた伝承の生贄として、サノカタに殺される運命を持っていたのだが…
 

ラノベでは珍しい「大河モノ」で、前半はかなり面白かっただけにラストの尻すぼみも甚だしい展開にガッカリしてしまいました。4人のそれぞれの思惑を持った行動や伝承に対する考え方のズレ、それぞれの立場故に譲れない立ち位置…などはかなり絶妙だと思うし、難しい立場に居て友達を作ることも出来なかったサナが良く言えば無邪気で子供らしい(まあ悪く言えば単純馬鹿なんだけど)なユツキに少しずつ惹かれていくところはまあ判らなくもないんだけど、その割には全体的に4人の行動に一貫性がないというか、何をしたいか判らないというか…。

一番判らなかったのはラストのサノカタの急な態度の変化とサナの兄タヒジに関する“事故”。いえ、あの、明らかにユツキの喋った状況と現実が食い違ってる気がするんですが、その辺スルーですか…?

一見ラストはハッピーエンドっぽく見えるのですが、上の疑問に対するフォローが何もないまま終了してしまったので激しく消化不良。ここまでくるとサノカタの態度の変化も全て馬鹿のフリしてユツキが全て仕組んだんじゃないのとか思えてしまい、素直に二人の前途を祝福できませんでした。しかもタヒジは“村の間違った伝承を伝えた”と本文内でしっかり言っているにもかかわらず、正しい伝承を知っているはずのサナは間違った部分をユツキから聞かされてもスルーですし…こんな状態で一見イイ感じで終了されても困ります。読者置いてきぼり?真実は全て作者の胸の中?

何はともあれ「本当の真相」が知りたい。何この読後感の悪さ。

こちらの記事もオススメ

  • 男子高校生が釣りで世界を救うアニメ「つり球」ノベライズ。 同期にMFから出た方はアニメ本編を忠実になぞるノベライズのようですが、こちらはアニメ本編の隙間や後日...
  • 1・2月と快調に感想をアップしてきた所、3月はスパロボWの魔力に取り付かれ、4月は遂に1ヶ月の更新回数が1桁を割ってしまいました。 スパロボ以上に「春眠暁を覚え...
  • 今月の読了本は感想を書かなかった本を含め24冊でした。 うち3冊は青い鳥文庫の再読だったので感想割愛で。クレヨン王国は永遠の心のオアシス。 でも、それを抜いても...
  • 星のプリンキピア 下発売:2006.8発行:集英社[著]本田 透 [絵]うろたん普通にめちゃくちゃ熱かった。しかもラストは何気に泣かせ展開…(つд;)1・2巻ま...
  • 今月の読了本は25冊でした。おお、カウントし始めた2007年1月以降最多記録更新。 「ガーゴイル」のシリーズ一気読みがあったとはいえ、よく読んだものだ……。 コ...