« 3月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

地下生活者/遠灘鮫腹海岸

[著]椎名 誠

とある駅の地下連絡通路を歩いていた"おれ"は突然の轟音を聞いた直後、数人の男女と共に連絡通路の中に閉じ込められてしまった。闇の中、ひたすら救助を待つが何の音も聞こえず、次第に"思念"が朽ち果てた肉体から離脱して…(地下生活者)
"地下"をテーマにした、ちょっとヘンでちょっと恐ろしいSF短編2作を収録。
 

高校時代に読んで非常に怖かったのですが物凄く印象に残った話であり、「とにかく怖かった」という印象しか無かったので再読。椎名誠といえば当時「岳物語」や「あやしい探検隊」等のエッセイ系しか読んだことが無かったので、この本を読んだときのインパクトは大きかったです。

どちらの短編も、現実でも簡単に起きてしまいそうな内容で、それが恐怖を誘います。特に地下連絡通路は最初に読んだときは暫く通行できなかったほど。こういう「身近な所に潜む恐怖」という方向性的にはライトノベルに例えると甲田学人の書く作品に似ているのですが、この作品には椎名誠ならではのユーモアセンスのようなものが溢れており、描写がありありと思い浮かぶ割にシリアスになりきれていない部分があります。

雰囲気たっぷりの甲田ホラーと違い、どこか淡々と、それでいて妙にユーモラスに物凄い事が書いてあったりするのが妙に怖いのです。面白いんだけど、同時に怖い。

ラストも全く落ちてないというか、なんだか判らないままに終ってしまうんだけどそれがまた良い。多分他作品でこんな落し方をしたら「ちっとも落ちてないじゃん!」と文句を付けまくるんでしょうけど。しかし本当にどちらの作品も最後はどうとでも受け取れて、結局どうなってたんだろうと真剣に悩んでしまう今日この頃です。

「地下生活者」の後半で"思念"になった主人公達が自分の家族に会いに行こうとする場面が印象的でした。

こちらの記事もオススメ

  •  表紙にホイホイされた。後悔はしていない。  極道一家の長男・佳月は姉が郷島組の若頭と望まぬ婚約を強いられている事に腹を立て、郷島組に殴りこむことに。若頭と押し...
  • [著]喬林 知 [絵]松本 テマリ 災厄を呼ぶ箱・「風の終わり」を取り戻す為に参戦した天下一武道会(略してテンカブ)決勝戦、シマロン側の戦士として現れたのは行方...
  • [著]海野 幸  [絵]ユキムラ バリバリのキャリアウーマンで女性らしさのカケラも無い幸彦の姉はロリータ服を縫製して弟に着せるという趣味の持ち主。姉に頭の上がら...
  • バイトでウィザード発売:2006.7発行:角川書店[著]椎野 美由貴 [絵]原田たけひと 外伝シリーズ4作目。 なんか今回は全体的にしんみりとした話が多かったよ...
  • [著]西尾 維新 [絵]竹  研究所で起こった残虐な殺人事件の犯人を【堕落三昧】斜道卿壱郎は玖渚友が犯人だと決めつけて、「ぼく」たちを地下の檻に閉じ込める。【侵...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません