« 3月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ムシウタbug 5th 夢まどろむ迷子

[著]岩井 恭平 [絵]るろお

“優しい魔法使い”との出会って以来、大助達の居る「当たり前の日常」に居心地よさを感じる一方で、虫憑きの過酷な運命を知ってしまい思い悩む亜梨子。そこに特監の中央司令部からモルフォチョウの号指定を決めるための監査員が送られて来るのだが…!?
 

キャラクターが多くなってきてちょっと把握が追いつかなくなってきた…。富士見が人気シリーズで出してる「超解!」シリーズみたいなのが出れば、手元に置いておきたいんですが、出ないですかね?…そういうの。読み終わってからWikiでキャラクター確認したりしてました_| ̄|○

本編の番外編的な位置付けである「bug」シリーズも少しずつ核心に。なんか進行状況的に考えると、本編とほぼ同時に終了しそうな感じでしょうか…。シリアス話が多くなって大助と亜梨子、そのクラスメイト達とのドタバタが少なくなってきたのが少し残念です。

今回は「夢届ける配達人」が一番ツボ。天然っぽい“空架”とツンデレ(というかサドデレ?)なユーコのコンビが非常に美味しかったです。そしてコンビネーションバラバラな西中央司令部に大爆笑。殺伐とした話も良いけど、こういう話も是非もっとやってほしいです。

花城摩理に焦点が当たった「夢蘇る一日」は虫憑きの残酷な運命を改めて突きつけられる話。たった1日とはいえ自由を満喫して心底楽しそうな摩理は“ハンター”としての浮名が先走りしている感があるけどやはり一人の少女なんだなあと思えてしまって、その後の展開が凄く切なかったです。最後に大助にしたお願いがあまりにもささやか過ぎて余計哀しくなりました。

しかし、面白くはあるんだけど何かあと1成分足りない感じが…やっぱ霞王にもっと出番を。

こちらの記事もオススメ

  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお 流星の降る夜、かっこうやハルキヨ、そして多くの虫憑き達は虫憑きの生まれない世界を創るために“大喰い”と対峙する。そして亜梨子の前...
  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお 亡き親友・花城摩理の真意を探る為やっとの思いで彼の元にたどり着いた亜梨子に向かって、ハルキヨはある日時と場所を指定した。その時間...
  • ムシウタbug 3rd.[著]岩井 恭平 [絵]るろお 角川書店(2005.11) ハルキヨだの霞王だの本編のキャラが少しずつ出てきました。 今のところ外伝読ま...
  • ムシウタbug 4th. 発売:2006.8発行:角川書店[著]岩井 恭平 [絵]るろおposted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 1 次第...
  • [著]岩井 恭平 [絵]るろお 花城摩理とモルフォチョウの謎を追う一之黒亜梨子は、寧子、愛理衣、霞王の3人を仲間に引き入れ、摩理を虫憑きにしたという“三匹目”を...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

One Comment

  • ムシウタbug 5th. 夢まどろむ迷子

    ムシウタbug 5th. (5) 作者: 岩井恭平 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/04 メディア: 文庫 「うわ、だいぶ短編集も核心をついてきたな」 と思った短編集です。 ムシウタの短編集は過去話ですが、だいぶ本編と話が絡み合ってきたような気がします。個人的に好きなキ

    愛があるから辛口批評! |2007/5/19(土) 19:41 | Permalink