« 7月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

モンスターズ・イン・パラダイス1

[著]縞田 理理 [絵]山田 睦月

田舎から出て、アイオニア連邦ブルームフィールド市で捜査官になったジョエル。大都会ブルームフィールド市は人間と“神話的人類”と呼ばれる者達が共存していた。“神話的人類”恐怖症のジョエルは、よりによって新人が長続きしたことの無い“神話的人類”の対策課に配属された上にヴァンピールの青年・カートとコンビを組まされることに…!?
 

「まいじゃー推進委員会!」さんの名台詞紹介にハートを打ち抜かれて衝動的に購入してしまいました。元々弱いんですよ、わたしこういう設定…。

モンスター(“神話的人類”)と人間が共存しているといってもやはりモンスターへの差別が強い街で、人間達の中で生きようとするヴァンピールのカート捜査官と、神話的人類恐怖症ながらもカートの相棒としてなんとかやっていこうとする新米捜査官・ジョエルのお話。恋愛要素抜きな「ダブルブリッド」(ただし2?3巻くらいのノリみたいな!)という印象のお話です。こういう異種族間で芽生える友情や愛情に関するお話はもともと非常にツボポイント直撃なので、非常に楽しく読めました。

ウィングス文庫は実は初めて手に取ったのですが、いやあ良くも悪くも絶妙に「WINGS」の持つ空気を踏襲しておりますね?。こう、ボーイズラブじゃないんだけど腐女子が萌えそうなポイントを実に正確についてくるというか、別にBLじゃないんだけど腐女子が脊髄反射で反応しそうな…そんなギリギリ感がどうしようもなくWINGSだよこれ(笑)

普段から凄く落ち着いていて大人な態度でジョエルよりも一枚上手で、いつでもジョエルをからかってばかりのカート捜査官が実は結構な寂しがり屋で、ジョエルをからかうのも職場の仲間達にイヤミな態度をとってしまうのも実は…という設定がクリティカルヒットでした。逆ツンデレな吸血鬼に萌え(笑)性格的にも外見的にも正反対なジョエルとのコンビは、ひたすら微笑ましくて見ていて飽きません。

メインの2人の他にも個性豊かな“神話的人類”がいっぱいで、とにかく読むのが楽しい小説でした。そんな彼らや、カートの内面に触れるにつれて少しずつ“神話的人類”への偏見を無くしていくジョエル。ただ、やはり小さな頃から聞かされてきた“偏見”は根強く残っているようで…色々失敗してしまって凹むジョエルの姿が見ていてほほえましいです。偏見は完全には消せないけど、少しでも彼らと歩み寄ろうとするジョエルが一途で見ていて気持ち良いです。

カートが吸血鬼であることといい、賭けの内容といい、今後吸血鬼としてのカートにも深く突っ込んでいくような感じなので、ますます楽しみ。ほんと吸血鬼と人間のコンビって萌えますね!!

ノリは非常にWINGSな感じですが、特に腐女子要素は無いので男性の方でも楽しめるかと。逆に腐女子は男性が反応しない萌えポイントにいちいち反応して楽しめばよいかと(笑)オススメです!!

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません