« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

化物語 下

[著]西尾 維新 [絵]VOFAN

忍野に頼まれて山の中の神社に出かけた阿良々木暦と神原駿河は、切り刻まれた蛇の死体と少女を見かけた。しかもその少女は妹の友人で、阿良々木とも面識があって…。彼女に憑いた"蛇"の怪奇を祓おうとする阿良々木だが!?
   個人的お気に入り度数
半年以上空きましたが、下巻の感想です。引き続き、とにかくキャラクター同士の漫才的なやりとりが素敵すぎるシリーズ。正ヒロインであるはずの戦場ヶ原ひたぎの出番が少なめなのはちょっと残念だけど、サブヒロイン達がしっかり代わりに素敵なやりとりを繰り広げてくれます。そして「つばさキャット」では出番殆ど無いのにしっかり正ヒロインとしておいしいところは持っていくひたぎさん、ほんと蕩れーーー!!!

特に神原駿河とのエロトークがいろいろな意味で素敵すぎました。何このエロッ娘!ひたぎさんがデレ担当に回って出番が減ったのと相対的に考えて、正直下巻の見所は彼女との掛け合いが最重要ポイントとみなしても過言ではない気がします。しかも百合属性でBL好き(=腐女子)とは実に素敵なキャラ設定ですね!

「ふふふ、世間広しと言えど、私を本気で走らせることができるのは阿良々木先輩と、戦場ヶ原先輩と、BL小説の発売日だけだ」
「誤解を恐れずに言わせてもらえれば、そこに並べられたことで、いまいち嬉しくない台詞になってるぞ…!」

「しかし阿良々木先輩、私はBLならば大抵のジャンルはいける口だが、中には不得手なものもあってな……そういう小説の場合は、本気で走る事はできない」
「訊いてねえー!」
しかも。
本気で走らないだけで、結局は買うらしい。

うんあった…BL小説じゃないけど私にもそんなパワフルな時期があったよ…某漫画雑誌のコミックスをほぼ全部買ってたりとか、発売日2日前の書店に2時間張り込んでフラゲして帰ったり……いやあ若かったねあの頃は……

しかし、色々な意味で感想を書きづらい本ですねー。「ここのやりとりにホレた!!」というところを語りだすとあまりにも抜き出したい箇所が多すぎて長くなりすぎてしまうし、かといって「会話のやりとりが面白すぎた」だけでまとめるのも勿体無い気が…とにかく、機関銃のような勢いで繰り広げられる会話の数々が最高でした。上巻の感想とあまり変わらない…。

とりあえず、未収録らしい?「こよみヴァンプ」の書籍化が楽しみでなりません。

こちらの記事もオススメ

  • [著]西尾 維新 [絵]VOFAN 地獄のような春休みの冗談と、悪夢のようだったゴールデンウィークが明けた5月初め、僕は階段から落ちてきたクラスメイト・戦場ヶ原...
  • [著]西尾 維新 [絵]竹  研究所で起こった残虐な殺人事件の犯人を【堕落三昧】斜道卿壱郎は玖渚友が犯人だと決めつけて、「ぼく」たちを地下の檻に閉じ込める。【侵...
  • [著]西尾 維新 [絵]竹  “ぼく”こといーちゃんは、突然現れた哀川潤に(かなり強引に)依頼されて澄百合学園という超お嬢様学校に潜入する事に。一人の女子生徒を...
  • [著]西尾 維新 [絵]竹  大学のクラスメイトの葵井巫女子に誘われ、彼女の友人・江本智恵の誕生日会に参加することになったぼくこと「いーちゃん」。和やかな時間も...
  • [著]西尾 維新 [絵]竹  友がかつて率いていた<チーム>の仲間、兎吊木垓輔に逢う為、『堕落三昧』斜道卿壱郎博士の研究所へやってきた玖渚友といーちゃん。なんと...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません