« 6月 2017 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

積読についていろいろかんがえてみる


部屋を片付けたついでにこれ以上積読本を増やさないよう、リストを作成してみました。

我が家の積読本リスト。
リストの順番は作者別順不同。特に読みたい順ではない。

平均月20冊弱しか読まない人間に、80冊の積読本はあまりにも多いですorz
バイト先が古本関係なんで、気がつくと増えている…。
ていうかこんなに秋田禎信と西尾維新溜め込んでどうする気なんだ。

「イコノクラスト!」は2巻まで一応読んでいるのですが、内容を完全に忘却しているので全巻積読リスト行き。「R.O.D.」も1巻の内容忘れてるので読むなら1巻からかなあ…ていうか、1巻だけ読んで2巻積読ってパターンが多すぎます。1巻が可も無く不可もなくという状態だと、2巻以降は買うだけ買って積読に行く可能性が高いみたいです。

あとネットの古本屋関係は送料無料範囲まで強引に本買わないと結構全体的に高くなってしまうから、積読本作りやすいなあ…。1500円とか2000円でも文庫本だけにすると5?6冊は余裕で買えますしね。(ちなみに電撃のハードカバー系と刀語は、ほぼ全部中古…)

とりあえず、今月は新刊も少ないので地味に消化していきたいと思いますが、何かこの中でオススメなシリーズがありましたら教えてください。
で、出来れば読みやすいやつを……w

「ばいおれんす☆まじかる」「魔女式アポカリプス」の2シリーズは
個人的に結構気になってるので早めに手を出す予定。

【追記】
せっかくなので、この積読本リストの中身がどういう本で形成されているのか、具体的に考えてみる。



1)目当てのものが多い月にとりあえず読む予定だったシリーズを全て購入。
1ヶ月に読める量は限られているため、結果的に優先度の低いものが積読本化。
このリストで言うと「ギロチンマシン中村奈々子 学級崩壊編」「ストライトシュピーゲル」「グロリアスドーン」「アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」あたりがそう。
発売日にちゃんと購入してそのまま積まれているという一番もったいないパターンです。
ちなみに長期間放置して結果的に1・2巻まで積読リスト行きになっている「イコノクラスト!3」がこれの最たるパターン。
当然全て発売日に買っているので、持っているのは全巻旧版の表紙。

2)書評サイト等で感想を読んだ等、かなり発作的に購入するもその時点で他に読んでいる本があり、それを読み終わる頃には情熱が冷めて積読本行き。
「福音の少年 魔法使いの弟子」「エンドロールまであと、」あたりが該当。
前者に至っては着実にシリーズを重ねていて、さらに壁が高くなっている罠。

3)とりあえず古本系ネットショップで安かったからなんとなく買った。しかも送料無料範囲に届かなかったのでその値段に届くまで強引に「それなりに気になっていた本」を探して買った。本が届く頃には新刊で忙しいので読む暇が無かった。終了。
これが一番積読になりやすいパターン。
とりあえず新刊でそろえる気があまりない「刀語」シリーズを始め、値段が高くて諦めたハードカバー本の殆どがこの前者に該当する。そして「君の居た昨日、僕の見る明日」「シゴフミ」「お狐様の言うとおりッ!」等が後者に該当。
通販で「○○円以上で送料無料!」の言葉に踊らされると安いからって「気にはなっているがそこまで読みたいわけでもない本」を5冊とか6冊とか加えて購入する羽目になったりする。
これが殆ど積読に行く事を考えると、「実際書店に足を運んでハードカバーを新館で1冊買った方が最終的には得である」と思って我慢した方が積読を作らないためには良いのかも。

4)とりあえず長編シリーズに手を出してみて、時間が無くて途中で中断。
「都市シリーズ」「イリヤの空」あたりが該当。
買ってないだけで脳内で積読化しているのが「半月」「狼と香辛料」そのほかいろいろ。
長編シリーズにはむやみに手をつけるもんじゃありません。

5)安かったからシリーズまとめて買ってみました。読む時間がありません。シリーズまとめて積読化。
お前のことだ魔術師オーフェン。


まとめ)積読を作らないための4つの方法。
・1回に読めるだけの本を買う。
 ほしい本があっても自分のキャパを超える買い物はしない。
 多分2?3日で読み終わる量を買って、読み終わったら次を買う…
 というほうがかしこい気がします。
 余程のことが無い限り、新品にこだわらなければ買い逃した本が永遠に買えなくなるという状況は少ないはず。
 (現状で絶版の本以外は…。)

・一度に複数の長編シリーズに手を出さない。
 中断してる間に内容を忘れる、どうでもよくなるなど本当にメリット皆無。
 「いつも感想中」さんのところみたいにあらかじめ読むシリーズを決めてとりかかると良いのかも。

・他の本を読んでる途中に新規開拓を考えない。
 3日以内に取り掛かれない場合、積読化する危険性がかなり高い。

・送料の為に読む予定も無い本を加えるのは止めよう。
 ネット通販利用者限定ですが。
 送料を払いたくないくらいの本なら、そこまでして読みたい本ではないのだよ!
 …と自分を慰めて、入荷通知とかが来てもグッと我慢しよう。
 ……がまん、がま…ん……orz


とりあえず、明日からはこの4カ条を胸に生きていこうと思う今日この頃でした。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

5 Comments

  • 「ワシの積読は108冊まであるぞ」
    ・・・いやこれがシャレにならない量でして・・・。

    hobo_king |2007/10/18(木) 21:36 | Permalink
  • 「自分で読めるだけの本しか買わない」
    これ最強。そうやって月80冊くらい買うわけですが。

    >リスト
    このリストならば「カラミティナイト」「ドラグネット・ミラージュ」「憐」「天使のレシピ2」あたりがお奨め
    。あと「クジラのソラ」も良いですが、それよりは受賞作「琥珀の心臓」のほうが物語としておもしろいかも。

    玲朧月 |2007/10/18(木) 23:27 | Permalink
  • >hobo_kingさん
    積読が108冊=煩悩の数だけ積読本があるということですね!?
    色々な意味でシャレにならなそうです…い、一緒に積読消化頑張りましょう…。

    >玲朧月さん
    お薦めありがとうございます!「ドラグネット・ミラージュ」と「天使のレシピ2」は他の方からもオススメ頂いて買った本だったと思うので速いうちに消化したいところです…。
    「琥珀の心臓」は実は読了済だったりします。
    発売日に買って読んだのですが、私生活が忙しい時期だったので、感想書けず終いで。
    あちらはかなり好きなタイプの物語だったので「クジラのソラ」も読むのが楽しみだったりします(といいながら発売日に買って積みっぱなしのパターンなのですが…)

    うらら |2007/10/18(木) 23:38 | Permalink
  • お久しぶりですー。
    いやあ、大変な量の積読ですね(笑)

    うららさんは「戯言シリーズ」に好きなようでしたから、「零崎軋識の人間ノック」は、きっと楽しめるに違いありません!
    本編でお亡くなりになったキャラが登場する美味しい内容ですし、笑いに満ちた素晴らしい外伝になってましたよ。

    >風見周の「ラッシュ・くらっしゅ・トレスパス!」

    懐かしい(笑)
    実はこの作品から風見周作品は好きだったんです。
    「殺×愛」4巻の学園祭のノリに近い作品でした。燃えますぜ。
    でも2巻で打ち切り。残念です。

    >図書館戦争

    おそらく、このリスト内で最高の名作シリーズです。
    巻を重ねるごとにおもしろくなっていきますし、来月最終巻が出るので今がベストのタイミングではないでしょうか。
    (オーフェンも捨て難いですが…長い)

    Mr.もやし |2007/10/19(金) 0:44 | Permalink
  • >Mr.もやしさん
    お久しぶりです&オススメ頂きましてありがとうございますー!
    ほんと、我ながらなんでこんなに積んでるんでしょうかorz

    「人間ノック」は戯言シリーズが面白かったのでシリーズ読了と同時に購入したのですが、よく見たらこの前にもう1冊零崎シリーズが出てるんですよね?一応1巻から読んだ方が良いかなあと思って積んでいるのですが、2巻から読んでも平気なものなのでしょうか…

    >「ラッシュ・くらっしゅ・トレスパス!」
    こっちも「殺×愛」のシリーズ完結とほぼ同時に購入した本なのですが、気がついたら積まれてます…4巻のノリはかなり好きだったので予定を繰り上げて近いうちに読んでみますね?。

    >「図書館戦争」シリーズ
    様々なサイトさんでの評価も物凄い高いので近いうちに読まなくては!と思いつつ、通勤時間に読むのには向いてなくて積みっぱなしです。ハードカバーは通勤時間に読むには向いてないですよね?…本の重さに負けてますorz

    (オーフェンはとりあえず短編シリーズの方を他の本の合間で少しずつ消化しようかなー、なんて考えてたりします。)

    うらら |2007/10/20(土) 20:47 | Permalink