« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

モーフィアスの教室

[著]三上 延 [絵]椎名 優

岸杜直人は、悪夢に悩まされて寝不足の日々を送っていた。その日も保健室で睡眠を取っていたところ、赤い目をした怪物がクラスメイトを頭から食べてしまうと言う、グロテスクな夢を見てしまう。教室に戻った直人が見たのは、先ほどの夢に出てきたクラスメイトが目を覚まさずに病院に運ばれる姿で…
   個人的お気に入り度数
ぶっちゃけ表紙と作者名に釣られた衝動買いだったのですが、予想を遥かに越えて面白かったです。というか、三上さんの作品は「=純珪一絵」というイメージが強すぎて、他の人が挿絵担当すると買い逃がしてしまう…。

言うなれば「Missing」から都市伝説的な薀蓄と申し訳程度のグロを抜いて代わりにたっぷり学園異能要素を詰め込んだような物語です。現実化するために人間の魂を喰らうという、人間の強い悪夢が生み出した「夢神」が主人公のクラスを襲い、それらを封印する力を持った主人公が否応無しに巻き込まれていく…という結構典型的な学園異能ストーリーなのですが、とにかく描写が容赦ない。夢の中だから現実の出来事ではないとはいえ、見も蓋も無く人がバリバリ喰われますし、最後のほうは夢の世界血みどろだし……。そんな風景が、思うように身体の動かない悪夢として展開されるわけで、かなり恐ろしかったです。ただその一方で、悪夢の元凶となったとある人物の複雑で屈折した心情が凄い良かった。単なるどうしようもない悪役だと思っていたら、最後の最後で出てきた本当の本音がどうにも悲しいわやるせないわで…。

キャラクター的には、ヒロインにして幼馴染の高飛車少女・綾乃と直人の掛け合いが面白くて、かなりニヤニヤでした。綾乃さんヘタレヘタレ言い過ぎだよ!!更に「普通の人は寝ると魂を喰らわれる」→「そういうわけだから、皆今晩徹夜して!!」という発想を、平然とクラスの皆に命令する姿が漢らしすぎました。メインとなる夢神との闘いも面白かったんだけど、ぜひともコミカルな会話シーンも忘れないでいて欲しいなあと思うほどの素敵さでした。

幼馴染ヒロインの綾乃に、しっかり者のクラスメイト・棗と幼馴染をライバル視する妹(…ブラコン?)も魅力的で、主人公周辺の恋の行方についても今後どうなっていくのか楽しみです。とりあえず2巻にかなり期待。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

One Comment

  • 電撃文庫・3月の感想1

    ■三上 延×椎名 優『モーフィアスの教室?』  ★★★★☆
    ごく普通の高校生・岸杜 直人が通う高校で、
    多くのクラスメートたちが見た不思議?...

    詠み人知らず |2008/3/4(火) 20:34 | Permalink